2020年10月27日

おお、そなの

https://www.nikkansports.com/baseball/news/202010270000963.html

日本ハムは27日、浦野博司投手(31)が今季限りで現役引退すると発表した。

今季は、ここまで1軍登板なかった。

-------------

知らん選手だが お疲れさまでした、と言いたい。どうせ戦力外通告の対象だろうけどなあと思うものの、潔い決断には拍手を送る。年齢的にはまだやれる可能性はある。怪我・故障が完治すれば・・・と思えばNPBでなくてもプレイしながら治療を試みる・・という手はなかったのだろ。

怪我・故障が完治すれぱ・・・などという妄想ではなくて、そういうものと付き合いながらも現役のチカラを維持するのがプロの一軍なのだよ、ちみぃ。。。。 テキトー。

そこだよなあ。怪我・故障のない選手なんかいるかよ、だよなあ。4番打者は死球作戦があるし(笑)

なんやかんや言われても40過ぎまで現役を続けた選手らを参考にスべきだろうなあと思う。長嶋は40手前で引退、王は40ちょっと過ぎまで現役、野村のGさんは40半ばまでグダグダ。
中日の山本昌は例外で50まで現役、こいつは例外なので参考にならんぞ。

阪神の福留など一軍の技量はないのだから引退したまへよ、とっとと。ブザマで見苦しいだけだ。(笑) 巨人の岩隈など去年も引退しなさいなって思っていたけどよ、グズグズしやがって。
ロートルで一軍の技量がレベルにない選手はとっとと引退しろってば。今後に技量がよくなることはないのだよ、バカタレ。
天才・落合だって最後は日ハムだったと思うけど戦力にはなっとらんかった。本人が野球か好きなんで長く現役を続けたいって・・・昔の名前があるのでワガママが通じると思ったのかよ、バカタレ。つーか、20年ぐらい前の話か(笑) もっと前か。

とっとと引退して次の飯の種で活躍・・・例えば昔の昔の巨人の定岡のように芸タレ転向とかそ。。。ああいうの、素質がプロ野球選手よりも必要じゃね?  
いや、元・近鉄の金村が野球漫談で人気があるのを鑑みると容貌ではなく話術だわなあ。話術だよ。バカはトークというけどボクはバカではないので話術という。トークという連中はみんなバカなんだじょー(笑)

そこだで。プロ野球の現役にこだわってブザマでみっともない姿を見せても支持がある選手もいれば、みっともないのでとっとと辞めてくれと思われる選手もいる。人望ってものだな。

で、日ハムだが。低迷していて監督続行ってのは球団経営陣が無能なのだろか、それとも人材確保ができなかったのだろか。それとも やる気が ない って証なのだろか。

まーどうでもいいのだが、ワガハイの希望は球団が黒字を出すことだ。親会社にぶら下がり、親会社の支援で野球やっているってスタイルから脱却しなくては。そこだぜ。

親会社から左遷された、飛ばされた連中が球団社長・幹部になっているのが多いらしいが、そこで球団が黒字を出して親会社を見返したれと思う次第である。
ここらの視点が欠如しているから、いつまでも巨人の人気にぶら下がり健康器って発想のままなんだろなあ。

てなわけでドラフトという、くじ引き大会が終わった。あとは契約金がど~たら、拒否された、ドッヒーとかのどうでもいい話題が出るだけどだろう。

野球って どうせ 球ころ遊び だよ、 って落合が某銀組で言うとった。その 球ころ遊び が金儲けの対象になると状況はちびシーものになる。
選手はどうしたらカネが上がるか・・・単純な話だ。練習するしかない。
球団はどうしたら金儲けができるか・・単純な話だ、観客を呼べる選手を育てる、観客が見たいという試合をする、観客があってこそのプロ野球であるという認識を常に持つ。なんちて。

この単純な事ができないのが現状だ。まずは球団が球団経営で儲けるという視点を多数持つことだろうなあ。でも阪神はやらないと思うよ。阪神は伝統的に半身だからね(笑)

posted by toinohni at 18:10| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください