2020年10月25日

ステレオ・ミニジャック ---- RCA変換

image

ステレオ・ミニをスマホやポータブルCD Playerに挿して、RCAのところはYAMAHAのオーディオ・アンプにつなぐ。
それがこいつを触るとノイズがグリグリでたり、音が出なくなったり、出たりするようになった。もう10年ぐらい前から気づいているがピンジャックをグリグリすると音が出るので、それで使っていた。とは言っても年に2,3回だけど。

で、今日、ほとんど使わなくなったタブレットをAudio Playerとして使おうかなと、これを使ったら音が出たり出なかったりしてドッヒー。
いつ買ったのか忘れたが金メッキではないので安物である。
そこで、金メッキのもの探したら1000円ぐらいするのな・・・・・送料込みで。

うーーむ。しゃーないか。買う。だが、分解して見よう。

というわけで分解した。GNDが銅色の金属と(銅板だろな)とRCAジャックの外周(錫か真鍮か混合か、だろな)と接触させるようになっている。銅の枝のような部分がバネの性質があるので接触の際に一定の圧力が加わるのだろう。それが経年変化でバネの性質が弱ったのか。

この部分は接触の方が安く作れる・・・と思う。はんだ付けで固定すればいいがな・・とも思ったが、待てよ、RCAのジャックの外周は部材はなんだろな。
銅とはんだ付けできるけ?  知るかよ。

よっしゃ、明日、はんだ付けしてみよう。そもそも部材についてはワガハイはあまり意識したことはない。金メッキが一番良い事は知っているが。

うーーむ。浅学菲才!!  不勉強が身に染みる(´·ω·`)

(わしは ニソールの回し者ではありませぬよってに)

posted by toinohni at 18:54| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください