2020年10月22日

下の本 放棄 読めん

内容が・・・という以前の問題で朕はこの本は読まないことにした。図書館から借りたものである。

理由。。。 本のページをめくる際のチカラの入れ方でカバーのつるつるした紙と内側の紙がこすれるのか、その下の扉のページと内側のページがこすれるのか、イヤーーな音が出る。

ガラスをこすった時のキィーキィー音が不快なのと同様に、ワイはこの音が大嫌いなのである。自分の本であればカバーを捨てて、さらに音がでる部分も破り捨ててしまうのだが図書館の本なのでそうはいかん。

ここら本づくりの際には出版社は気を利かして欲しいものである。本の作り方というか、綴じ方というかさ、そういうところにも配慮したら心の琴線に触れる本造りにつながると思うよ。

てなわけだがベイズ統計に関しては別の入門書を探すとしよう。。。。なむぅ・・

posted by toinohni at 12:03| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください