2020年10月20日

素粒子論等の入門書を読んだのだが・・・何も分かっていないことが判明した 稲

80年代から通勤での暇つぶしで講談社BB等の入門書を買って読んだのだが本棚には300冊ぐらいは溜まった次第である。30年以上だな(笑)

ところが、読んだだけで記憶には残っていない。落書きをしてあるので確かに読んだのだが記憶にないのだっだ。
量子色力学で色荷という用語に線を引いてあったので読んだはずだ・・・だが、記憶にない。量子色力学ってのは2010年以降に読んだ本で知った・・・と思っているのだが90年代に既にワシはそういう本を読んでいたらしい。

うーーむ。

ここだな。バカがバカを脱却するヒントがここにある。つまりは、心の姿勢が、つまりは意識がそこに向かない場合には読んでも記憶には残らない。単に字面を追っただけだ。

てなわけで、ワイは速読って信用しない。あれは記憶には残らないのではないかと思っている。たくさん読む事に意味はない。おつむに滲みるような読み方が大事だ。ちなみに、ションベン漏らした場合にはオムツに滲みる(笑) ワイもそのうち老人用のオムツをするかもしれぬ(笑) 笑っている場合ではないですがなや。

つまり、言いたいことは、記憶に残る読み方って大事だよおぉおおおーーーん。

最近は、いや、ここ10年は興味があって読み返している。すると、いろいろと分かってくる気がする。
ゲージ対称性があるというのが宇宙の始まりであり、その後に対称性が破れていろいろと面白いことが起きる・・・らしい。ただ、そこらの定性的な話を読んでいるとワイもいろいろと妄想するで。
電子は正電荷と負電荷がある。正電荷は陽電子という。ディラックが導いた。だが、そこでどうして電荷ゼロの粒子がないのか?   電子は電荷が+, 0, - と3種類あるべきではないのか。ワイの妄想だ。だが、電荷ゼロの電子は発見されていない。ないのか、検出技術の問題なのか。
パイオンは +, 0, - と三重項がある。電子も三重項があっていいではないか、根拠はないが。だってワイの妄想なんですもの。

とりあえず、対象性が破れるといろいろと起きるんだってさ(笑) つーか、それなら対称性が破れているのが普通であって対称性があるって考えるのが妄想なんじゃねーか、なー、物理学者のみなさんよって思う(笑)

てなわけで、焼酎が切れたので買い出しにいくぞ。えいえいおーー。

posted by toinohni at 15:24| 東京 ☀| Comment(0) | 物理科学雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください