2020年10月18日

IntelのQuartus Prime 20.1 Liteで四苦八苦してたのしーーー なんだとぉ

ここ数年は遠ざかっていたFPGAだがversionが随分変わったなあと思い、Prime Lite 20.1をインストールしたのだが使い方がスッカラリンコンなのである。昔はシミュレーターが二種類あった気がする。内蔵のものかModel Simか。。。 内蔵のシミュレーターがあったのは10年以上昔だったか。忘れたわん。
そこでチューチューを見つけた。チュートリアルだね。
https://www.macnica.co.jp/assets/arc/article_files/128681/quartus_quickstart_tutorial_r1__1.pdf

そこなぞったら思い出すだろ・・・多分。

で、ワイはverilog使ったことがあるだがチューチューはVHDLだった。だが、どうせ例題をコピペするだけなのでVHDLでいいわわああぁーーーん。と進めたのである。
ソースコードはWebのPDFからコピペ・・・ したら改行なしでずらずらしやがった。まあこれはPDFからのテキストコピーだとこうなる場合があるかもしれない。だが、そこは秀丸で修正すればよいのでさほど問題ではない。
で、3つのソースコードとALTPLLとかの設定をした。エラーチェックした。エラーあったが修正した。よっしゃ、次のステップはシミュレーションだ!! 
 

ここでコケた。ドンづまった。テストベンチのファイルはこのチューチューを入手したサイトからダウンロードしてくださいと書いてある。バカタレのアホたれ。リンク貼れよ。
というわけで、テストベンチがどこにあるかわからんのである。くまったくまった しまくらちよこ。
シミュレーションの次は成約とかで、まだ先はあるぞ。評価ボード持ってないので実機での動作は確認できないけどな。

このテストベンチを探す長い旅に出るワタクシ・め・ってかよ。出るわけないだろ。
まーすこしずつ思い出してきたので昔のProject探して動作確認して見るのが早いだろな・・・

こんないいかげんなチューチュー作りやがって、このこのこのこのおぉーーー
とタダで利用させていただいておりますワガハイが文句垂れてみました(笑)

探したらあった。Google検索10段(自称)の実力は高い 自画自賛 なむうぅ・・・
https://www.macnica.co.jp/business/semiconductor/articles/intel/128681/

たぶん。ここにあるのがそれだと思う

posted by toinohni at 07:55| 東京 ☔| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください