2020年10月16日

ブリッジレス化・・・・ 橋のない川かよ ちゃうがなや

スイッチング電源で効率低下の原因の一つは商用電源の全波整流ダイオードブリッジである。ダイオードが4個あるので電圧効果✕電流で電力損失が生じる。
だったら、ダイオードやめてだな、スイッチにして交流の周期を利用してオンオフを制御すればいいんでないの・・・・ という手法はある。ダイオードとパラにパワーデバイスを起き、制御回路を追加する。バワーデバイスの損失はダイオードより小さいので効率は上がる。代わりに制御回路が増えて低価格化は困難である。ここは効率90%から92%に上がるとした場合に、客にメリットがあるかどうか、だ。効率は高い方がいい。だが、コストアップはあかん。。。(笑)

整流ブリッジをなくす別の手法もある。例えばこれだ。
https://kobaweb.ei.st.gunma-u.ac.jp/news/pdf/2018/etg19-56paper.pdf
image

回路図にダイオードはあるが、これは商用電源の整流用途ではない。

これでスイッチング電源の商用化してどうだ?  となると話は簡単だ。客にメリットがあめかどうか。それだけだ。
効率が向上します・・・・うんうん。それはいいぞ。だが、コストアップもします・・・ だったら買わないもんね(笑)

10年ぐらい前にスイッチング電源のデジタル制御が流行った頃がある。それ、なんのメリットがあるのか。効率がよくなるわけではない。コストダウンが期待されるわけでもない。
客にメリットがない技術は生き延びる事は困難であろう。
そういえばスイッチング電源メーカーの老舗のイータ電機が消えて数年になる。

ここだな。

スイッチング電源は電子機器に必須である。パソコンの電源もスマホのACアダプターもスイッチング電源である。ワイのこたつは違う(笑)
なので家電製品、電脳機器、電脳グッズ等ではスイッチング電源は必須、これがなければ動かないというより製品ができない。
だが、電源メーカーはいくつか潰れた・・・・ようだ。それは、ようするにスイッチング電源を供給できる企業がたくさんあるからである。そうなると競争が厳しくなる。
客にメリットがある・・・ようなスイッチング電源を供給できなければ消え去るだけだ。客にメリットがあるとは単に安いだけではないぞ、ここ注意な。

うーむ。こうなるとソニーの液晶テレビの電源回路は・・・ シャープの液晶テレビの電源回路は・・・ などと回路図レベルで欲しくなったわい。自社で設計しているのか、どっかに良い下請け会社があって投げているのか(笑) それもせず買ってきて乗っけているのか(笑)

昔、ワタクシがスイッチング電源に興味を持ってから入力の整流ダイオードの損失が最後の壁であると考えている。解決策は二種類ある。いずれもコストアップは確実だ(笑) だが効率はちょっとだけ良くなる。
効率が ちょっとだけ良くなる・・・・ コストアップがちょっとだけある・・・・ さー客はどうするか。
ワイが客なら従来のでいい。実績があるしね。そこだな。

PCのスイッチング電源は銅とか銀とか金とかで分けているようだ。効率が高いのが金らしい。効率が高いスイッチング電源は価格も高いぞ(笑) それが世の中ってものだわわんんんんん。

ワイのデスクトップPCはツクモの2005年ものだが今も稼働しているである。スイッチング電源は一度故障したので交換した。その際に少しマシなモノにしたのである。交換してから10年過ぎ取る。頑張れ!!  

安いATX電源はな、うるそーて使いたくないのだよよおおぉぉぉぉぉーーん。

posted by toinohni at 14:45| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください