2020年10月14日

巨人が菅野で負けた なんですとおぉぉぉぉ

https://www.nikkansports.com/baseball/news/202010130001080.html

無双の男が、ついに敗れた。球団新の開幕14連勝を目指した巨人菅野智之投手(31)が、6回4失点で敗れ、昨年9月4日の中日戦以来405日ぶりの黒星を喫した。前回登板では66年の堀内恒夫氏に並ぶ球団タイの開幕13連勝&プロ通算100勝を達成。負け知らずの快進撃を続けたが、今季ワーストの7安打に失策も絡み、チームも3連敗。阪神が敗れ、巨人の優勝マジックは11となった。
----------------------------------------------------------
  こういう記事で堀内が出てくると改めて堀内ってスッゲーーー投手だったと思う次第である。堀内の13連勝は高卒1年めだったろ。これはな、なんというか、小僧がプロ野球をなめたんだろなってわかる気もする。
堀内は体躯はさほど大きいわけではない。だが、結果としては200勝投手だし巨人V9に貢献したし、まあなんと言っても国会議員もしたエライ人である。うむうむ。

で、巨人が菅野で負けて3連敗を喫したのだが、これはどういうことか。終盤になって選手らに疲れが出てきたのか。もっとも疲れは他の球団も共通だろよ。阪神も負けてるし(笑)

菅野もメジャー行くんだろか・・・・ ワイが心配することではないが。

ま、なんといっても巨人の優勝は時間の問題だ。そうなると興味は個人タイトルである。阪神・大山と巨人・岡本の若い4番打者が争っている。ちょ~・気持ちいい状況だ。若手の台頭があるとプロ野球ファンのワガハイはワクワクするである。テキトー。

posted by toinohni at 10:36| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください