2020年10月14日

Google日本語入力が変だジョー  なあぁにいいい

右下トレイのGoogle日本語アイコンを右クリックするとメニューは出る。だが、プロパティも設定も単語登録も機能しない。クリックしたらしーーーんとして何もせん。

そこでGoogle検索10段(自称)の腕前を活かして検索したら出てきた出てきた、なんじゃ外でも起きているんだねえぇ。
で、アンインストールして、user/Appdata/..../Google input(うろ覚え)を削除してからGoogle日本語入力を再インストしたら使えるようになった。やタッ!!   素晴らしい!!

   この現象は年に一回ぐらい起きている気がしてきたが、Win 10の更新と関係しているのか。MicrosoftがGoogleに嫌がらせやってんのとちゃうか(笑)

で、使えるようになった・・・と喜んだものの、登録した単語が全部消えてらあぁーーー

そうか、Folder消したから消えたのかあぁ・・・ うーーむ。そうなのか。
辞書はどっかに保存しておくべきだったんだなあ。もっとも辞書ファイルって何か、わかってないけど。どこにあるかも意識したことないし(笑)

しゃーない。MS-IMEの持ってくるか。あらら、それ自動的に持ってくる設定ではなかったっけな・・・・

というわけで一進一退、一歩進んで二歩下がる・・・あららら、前進しませんわ(´・ω・`)

MS-IMEの辞書ツールでユーザー辞書をTextとして書き出し、Google日本語入力の辞書ツールでそれをインポートするのであった。うむうむ。
で、辞書ファイルは見たらテキストではなかったでした。細工している。なので、export/importが必要になるでした。
まあ登録単語も20ぐらいだけどね。最近は辞書がよくなってきてさ。MS-IMEもGoogleも。

で、実はもう一つの問題。
Win 10を起動してOneNoteを起動するとGoogle日本語入力が使えない。タスクトレイのアイコンはGoogle日本語入力であるが かな入力モードにならない。MS-IMEに切り替えると使える。そりゃそうだ。
だが、FirefoxのGoogle検索窓でGoogle日本語入力を日本語モードにすると、その後はOneNoteでも使える。
つまり、PC起動してOneNoteではないアプリ画面で Google日本語入力を かな入力にしてから、OneNoteでも使えるようになる。まあ、これはいいやな。いきなりOneNoteを使わない場合には気づかないですぜ。これ、ワイの複数のPCで起きている。
OneNoteはフォントが勝手に変わる症状があって、一時期改善されたかなあと思ったもののイマイチだなあ。
まあタダで使わせて頂いておりますワタクシですが文句は多いのである(笑)

posted by toinohni at 07:23| 東京 ☁| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください