2020年10月12日

おおや まあぁーーー  大山が打撃開眼  なんですとぉ

https://hochi.news/articles/20201011-OHT1T50318.html

テイタラクの阪神で大山の急成長は希望の光。これが藤浪が復活すれば・・・ないものねだり。

>>>
昨季の14本塁打からの飛躍に「チームの勝利のためにやっていれば、自分の結果も良くなってくる」と4番打者。献身的な姿勢で、阪神では86年バース以来のキングをつかみ取る。(中村 晃大)
>>>

打撃開眼!!  昨季14本・・・・今年はすでに25本。これな、打者に限らずだが、野球に限らずだが、人は伸びるときは一気に伸びる。高校生の成績だって伸びるときは一気に伸びる。数学も国語も英語も一気に伸びる。ほっとくとラーメンは伸びる (笑)

若手のこういう変化を見るのは楽しいである。巨人では既に岡本。今年は投手で戸郷。阪神では大山。
この一気に伸びる・・・って状況は前提として地道な努力がある。これがないから一茂はだめだったんだ(笑)ただ、努力は人に見せるものではないがな。

ただ、プロ野球の場合には体躯を見ればだいたいわかるよ。デブはダメだ(笑) なにょーーー、門田とかデブだったぞーー。ドカベンってちょ~・デブだったぞーー。いや、中には例外もいてな(笑)
体躯をデカくしてパラーをつける・・・という発想はいいのだが、それデブの口実だろに(笑)もっと練習してカラダを絞れや。

というように、選手の体躯の変化に注意するのも面白い。
体躯をデカくしてパワーをつける・・・って成功した選手はダルビッシュぐらいだろ。メジャー行ってからデカくなったがデブにはなっていない。

で、セ・リーグは優勝は巨人だから後は消化試合(笑) こうなったせ個人タイトルが興味だ。

がんばれーーー おおや マ~ !!  
   がんばれーーー おっかもっと もっと打てぇ おっかもっと!!  

   地道な練習が前提であるが、誰もが一気に伸びるのではない。多くはどんよりとする。これこれやれば確実に打てるようになる、これこれやれば確実に勝てるようになる、そんな魔法の方法はあーーりませんて。
斎藤佑樹が投手開眼!!   なんてことがあったら、ちょ~・びっくりするぜ。
藤浪が復活したら、ワイはちょ~・ぞっくりしてしょんべん漏らすかも。

で、阪神の監督人事はどうなるかに?  阪神球団社長がとっとと逃げ出したからなあ。監督もなにやら言われているだろなあ。新コロでアホさらした福留も引退かトレードかなあ。
とにかくセ・リーグは優勝争いはドッチラケなので別の面で面白さを探すワタクシである。
なむう。

posted by toinohni at 07:13| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください