2020年09月21日

NEC VersaPro VY21A/W5に引導を渡すのじゃ なんどすとぉ

捨てるのに分解する。ばらして、HDD、ケーブル等は金属ゴミで出す。マザボード、筐体、LCD等は不燃ごみでだす。ノートPCは小型家電でタダて引き取らないのだ、当市は・・・・

分解にトライして分かったのだが、ネジがちょ~・多い。Core 2 Duo 2.1GHzなので2000年代なかばの製品だ。NECがまだNECであった。たぶん。今はなんだってーーの?  知らん。どっかと合弁したのか小会社になったのか、昔のNECのバソコン部隊は。

で、こういうのが10万とか20万とかでできるものだなと感心したわい。NECの技術力には脱帽ですわ。素晴らしい・・・・テキトーである。
こういうものが低価格で提供できる今の時代は何かが狂っている・・・とワガハイは感じた。狂っているのだ。こういうものは50万円ぐらいが妥当だ・・・テキトーな(笑)

この手のハードを東南アジアの企業がとっとと作る。時代はとっくに変わって久しい。オレは90年前後の価値観で止まってしまった。このままでは化石になるぞ。ついでに尿に化石が出来るかもしれない。それは尿結石だ・・・化石ではないぞな。

というわけで、バソコンメーカーでもね、分解の手順を丁寧に解説するのがIBMだった。分解手順書を提供していた。NECはそれはない。他のメーカーもあるのかないのか・・知らん。
Lenovoが昔のIBMの伝統を引き継いでいるのかどうか知らない。
15年ぐらい前にIBMのG4をばらした時は楽だった。手順書があったからだ。

というわけで、今はメーカーで分解手順書など提供する時代ではない、ってこちだろよそ。たぶんな。

上のVY21Aの場合、ワシはキーボードをはずのに手間取り、キーボードが乗っかっているアルミ板をはずのに手間取り、腹たってチカラマカセ・・・・にして(笑)

いくつかのメーカーのノートPCを壊してアーーソブって趣味があると、きっと分解がうまくなると思うけど、ワガハイは10年で一つなのでね、どうしようもない。

まあようするに、中古で9800円で買った(ソフマップね)ものであり10年ぐらい使ったので、みういいや、ごくローさんてことです。
いやー、ほんま、ノートPCは中古に限りますね、素晴らしいですね、周回遅れで問題なし、おれなんか10周ぐらい遅れても大丈夫サー なむう。。。

posted by toinohni at 15:00| 東京 ☁| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください