2020年09月16日

英語できませんが、なにか  なあにぃ・・・

Youtubeの動画で昔の「カミュ 外語学院」っての見たら ちょ~・面白かった。英語を学ぶ上で参考になることが実に多いと思われる・・・ テキトーである。

ボビー、アドゴニー、エリック、アーロン、他のへんな日本語。

さんせい それ ぞんぞん ちがうよ         (先生)    (ぜんぜん)
こどものころ おかあさんとにわで うまってました (歌って)
ちぇちぇん ちぇん えん                  (8800円のうちのどこかの発音らしい)
このねこはねぇ しご 50日 です    (生後)
みなさん はじめました あーろんともうします よもろしくおながいます
おやじバカ (親ばか)
ははこっこ (親孝行)

彼らはうろ覚えだが耳から覚えた言葉を発音している。テレビを見ているワイは字幕が出るので間違いが強調されて笑う。

日本人が英語をこういうように話したらどうなるか。。。というのを英国人ロック歌手がYoutubeで紹介していた。芸人の出川がニューヨークでそこの人たちに話しかける番組だ。

ふりーどーる ゆないてっどすてーしょん

オレはしばらく意味が分からなかったが出川が何回も言う。何人に対しても言う。そのうち分かってきた。
ふりーどーる ---  自由の女神象の事だ。
ゆないてっどすてーしょん ---  ユナイテッドステイツ の事だ。

ニューヨークの人に アメリカの自由の女神像はどこにあるか聞こうとしていたのだろう。

これだな。言葉は面白い。外国人のへんな日本語・・・・たまにコンビニでも耳にする。だが、意味はわかる。
きっとオレが英語で英米圏の連中に話したら、なにか面白い英語をしゃべるぜこいつは、と思われるだろなあ。だが、ある程度は通じると思う。

ワイは何をいいたいか。外国語って面白いじゃん・・・・ ってか、日本語だって面白いんですわ。

漫才で「しゃもじ」という二人組が沖縄方言の漫才のネタを持つ。南西諸島出身のワガハイはだいたい分かる。だが、本土の人は分からないだろう。
わなむぬぅほーいがいちゃびんたん (私は物を買いに行きました)
   ぬー (なにをこのやろう)
   ぬー (これはなに?  )
   ぬー (なんですとぉ!! )
  
   ここらが分かると「しゃもじ」漫才は大笑いする。

これだな。ワガハイの興味は言葉だ。言語だ。英語に限定することはない。日本語だって面白いぞ。
という場合に気づいた。日本語は発音が あいうえお表のようなものである・・・・というのは間違いだ。
a, i, u, e, o に対して、wa, wi, wu, we, wo のような発音もある。waは ワ ではなくてな。wo は ヲ に近いがちょっと違う。
すると、我々は日本語の発音記号を持たないって事か。
方言を発音どおりに記述する際にはどうするか。
ん?   英語は単語を書くと英語圏の文化として発音があるので発音記号は書かない。
apple --- これ発音記号で書くと。。。。辞書みてくれたまへ。
ぬー --- 発音記号でかくと?  

ようするに日本語だって a,i,u,e,oの母音ではない発音ってものもたくさんあるで。・・・・

なんだか、言葉って面白いなあと思う様になってきたぞ。

よーし、AIだも機械学習だ人工知能だ・・・っでことで、言葉をなんとかしてみよう・・・ってかね、もう自分で何を書いているのかわかっとりゃらんのですわ。

わけわかんないけどちょうしのっちゃう・・・・・・・ (´・ω・`)

posted by toinohni at 09:15| 東京 ☁| Comment(0) | 英語雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください