2020年09月13日

現代の錬金術師 ソフトバンクの孫 なあぁにぃ・・・

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20200913-OYT1T50098/

【ロンドン=池田晋一】英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は12日、ソフトバンクグループ(SBG)が傘下の英半導体設計大手ARM(アーム)ホールディングスを、米半導体大手「エヌビディア」に400億ドル(約4兆2400億円)で売却する方針だと報じた。

FTによると、売却は14日にも発表される見通し。代金は現金とエヌビディア株で支払われ、SBGが、エヌビディアの最大株主になるという。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)も同様に、SBGが近くアームを売却すると報じた。

アームは、SBGが2016年に約3兆円で買収し、現在は上場を廃止している。孫正義会長兼社長は、8月の決算会見で、売却の方針を表明していた。
-------------------------------------------------------------
   おかしいなあ。16年にARMを買収したときに孫はなんていうとった?  来たるべきシンギュラリティーがあぁ・・・とか、ITがあぁ・・・とか、なんだか夢物語の妄想を語っていたのだが、ここに来て単なる錬金術師の様相になってきたなあ。
3兆円で買収して4年すぎて4兆強で売却か。うーーむ。

投資事業で2020/3に巨額の赤字出しているので、今度はしばらくは切り売りでしのぐってことか。

とはいえ、ARMを傘下に持っていることで将来得られるはずの夢のような展望・ビジョンは 嘘っぱち だったんだな(笑)

posted by toinohni at 07:08| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください