2020年09月10日

ダル 8勝目 ならず うーーむ

https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/202009100000037.html

image

いままでダルが勝てたのは豪速球に加えて多彩な変化球という武器があり、それに加えてこの風貌という武器があったからだ。
この顔見たら打者は ププッ) って笑いが出て脱力して打てん。へんな髪型にへんなヒゲで、打者は 思わず ププッ
しかし、打者が慣れてきた。このへんな風貌、ヒゲモジャの顔に慣れてきた。なので ププッがなくなった。なので打てる。
よって、ダルビっ君の快進撃は止まった。もう勝てん。打者が、ププッってならないので、もう勝てん。今後は先発しても打ち込まれる。
と、テキトーに想像して妄想した次第であるよよよん。

既に7勝だ。今季は10勝すれば上出来だと思う。チームは優勝だろなあ。大谷がいるエンゼルスは ちょ~弱いがね。

しかし、ダルはメジャー行ってから体躯をでかくしているが、デブにはなっていない。そこだな。巨人の阿部なんて、体躯をでかくしてパワーをつけるとかいいながら、単にデブになっただけじゃんって(笑) 国内でも体躯をでかくしてパワーを・・・と言うやつに限って単にデブっただけじゃーーんってバカタレがいるぞ。
阿部は体躯をでかくしてパワーをつけるといいながらデブになっただけで選手寿命を縮めただけだった(笑) オレはバカにしているよ。あんなのが二軍の監督だってさ(笑) 指導できるレベルかよ、阿部が(笑)
巨人は原が数年は監督続けるだろう。次は阿部ではない。

さてと、ダルは次は髪の毛を左は金髪、右側は黒髪とかで打者を脅かすと勝つかもなあ。
投手が風貌も工夫するというのは一つの進歩だろう。
大谷のようなスマートな顔だと打者は怖くないし。
投げる時は中国の変面ショーのようにだな、表情を変えて打者をびっくりさせたらいいぞ。
コロッケのように顔の表情が多彩であるといいかもだぜ。
そういう工夫があってこそ、見るものが楽しいってことだ。プロ野球は見世物であるってのが原点なんでね。

posted by toinohni at 12:27| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください