2020年09月10日

敵対的買収とはなんぞおおやああぁ・・・ なんですとぉ

https://news.yahoo.co.jp/articles/d526d1e6e6587c75386e4b18edfce96b5e7b75e3

[東京 9日 ロイター] - コロワイド<7616.T>は9日、大戸屋ホールディングス(HD)<2705.T>に対し、臨時株主総会の開催を請求したと発表した。現取締役11人全員の解任と、コロワイドが推薦する取締役候補者7人の選任が目的。 コロワイドはこれに先立ち、大戸屋HD株への公開買い付け(TOB)の結果を発表。コロワイドによる敵対的TOBは成立し、買い付け後のコロワイドの所有割合は46.77%となった。

-----------------------------------------------------------------

敵対的TOB
https://masouken.com/%E6%95%B5%E5%AF%BE%E7%9A%84%E8%B2%B7%E5%8F%8E%E3%80%80
  用語はここ読んでわかった。


ところで、大戸屋とか コロワイド とかはどういう会社なのか。大戸屋は知っている。わが西東京市に昔は大戸屋本社があったと聞く。駅近くに店舗もあった。定食が得意であり、まずかったので2回ぐらい行っただけだ。あんなマズイ・遅い・高い定食で続けられるわけがないと思っていたら店舗は消えて本社も移転したようだ。詳しくは知らない。
では、コロワイドって何する会社か。
https://www.colowide.co.jp/
飲食業らしいそ。居酒屋やら回転寿司やら いろいろとやっておるようだ。

ちなみに大戸屋 今日はつながらん
https://www.ootoya.jp/


https://ootoya-info.jp/
大戸屋は株主に泣きついていましてん。が、公開買付が成立しましてん。すると臨時取締役会が開かれまして大戸屋はコロワイド傘下になるのは時間の問題。大戸屋の取締役11人は解任されたらどうすんだろか。平に降格しても残る・・・か、去るか。これはこれで注目だ。

ワイはコロワイドって知らないんだが、かっぱ寿司や牛角も傘下にあるみたいだ。最近は外食産業はチビシーらしいからなあ。新コロで。店内も客をたくさん入れる事はできず。
まーしかし、大戸屋の従業員にとっては経営陣が変わるだけでどってこたーアルマーニ。いや、効率が良くなって売上のびてボーナスたくさん出て・・・・って甘い期待もあったりして。
ねーよ。

で、コロワイドはいったい何のメリットがあってワガハイが思う不味い定食屋を傘下に収めたいのだろな。

とりあえずは様子を見る。臨時取締役会の結果は経済誌に載るだろし。普通の新聞にも載るだろし。大戸屋やコロワイドのWeb-Siteでもお知らせは出るだろし。

うちの近所の大戸屋というと、。。。。ただいま大戸屋サイトはつながりにくくなっておりました。

おや、ヤマダ電機が ヒノキヤを傘下に。。。 敵対的TOB成立とか。ヒノキヤは反発して抵抗したのかい。
https://news.yahoo.co.jp/articles/f54cc6e1be76a5758cba70a163b8fc3043e64876
ここは抵抗が激しいわけではなく、むしろ賛同している。双方のメリットがあるのだろう。ヒノキヤの上場は維持されるとか。
しかし、ヤマダ電機は潰れそうな大塚家具を支援したり、ヒノキヤを傘下に置いたり、家電量販店だけではあかんという心意気が伝わります。
自社ブランドでスマホも出したが、品質悪すぎて悪評たったど(笑) オレも買った EveryPhone AC   (´・ω・`)

ふたたび、大戸屋・コロワイドの話に戻るワタクシ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63647000Z00C20A9TJ2000/
大戸屋って内紛があったんだね、って知った。創業者が急逝し、次をどうするかで揉めたようだ。創業者一族は大戸屋から去っている。もっている株式はすべてコロワイドに譲ったとか。
これではコロワイドが大戸屋の親会社になっても不思議ではないな、と思ってしまった次第である。

まー今後、大戸屋の不味い・遅い・高い定食が旨い・安い・早い定食になって客数増加でいいこっつちゃ・・・になることを期待する。えーー、旨いか、まずいかは個人の感想でありますね(笑) ワガハイは大戸屋の定食・・・・うまいと思ったことはないのだった。2回行ったぞ、バカタレ。

まーワイの場合、一般論でいうと外食で旨いものは松屋の朝定食だけだし(笑) 味付けはなるべくないほうがいいのですね、なむぅ。

posted by toinohni at 07:05| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください