2020年09月09日

安いのはどこかなあ、通販と店で

リアル店舗はチェーン店である。よって薬の価格は他店等と差がでないような価格設定にするはずだと思っている。例えばヨドバシカメラで薬A が1000円でポイント100だとする。その場合に、リアル店舗では1000円の価格ではボクは買わない。ヨドバシは配達料が無料で翌日には届く。ポイント考えると900円だ・。・・・・ まー
そうであれば店舗では薬Aを940円ぐらいの設定にするのではないか。少なくとも1000円の設定はしないであろう。

ところが、チェーン店の薬屋でワケワカラン価格設定があったりする。二度と買うかよ、バカタレと思う。500円前後の薬だがヨドバシで400円、その店舗で600円だったのである。
つまり、価格調査も調整もそのチェーン店ではろくにやっていないって事だ。

まあ必ずヨドバシカメラの薬が安いわけではない。なのでワイは価格比較してから買うのである。上の1000円の薬Aの場合、リアル店舗で950円ならば買う。990円ならばヨドバシから買う。

主婦は1円でも安いスーパーに行く・・・というのは嘘っぱちだ。そんな面倒なことするかよ、バカタレ。まー100円も違うと安いスーパーに行くかもだけどな。
ところが貧乏・金無しのワガハイは通販とリアル店舗で価格差を見て判断するのであるど。なんせ、貧乏・金無し、暇だらけ でして。

ところが、同じ会社でありながら通販とリアル店舗で価格が違うという場合があったりして。送料考えても通販が安いがな、どうなってんだ。これではリアル店舗で買う客がバカだろ、アホタレって思うことが10年に3回ぐらいあった(笑)

まあしかし、多数の品目があるので管理が大変なのだろうと想像はする。だが、そういう部署があるんだろ。たぶん。
ヨドバシで1000円でポイントが100つくのなら、リアル店舗では940円ぐらいかな・・・とか、1000円にしたら客は店舗では買わないだろな、とか考えるだろに。

それはそれとして、ドラッグストアって店員の質の善し悪しというのか、なんというのか、いろいろあるなあ。薬剤師が常駐しているのだけど、薬剤師でない店員の差は大きいと感じた。ジーサンがいたらあかんと思え。なんちてな。
うちは ジェネリックはおいてない、それはそこそこの店ならあるかも とか威張るし。貧乏人が買うジェネリックは うちは扱わないって いやーーな感じだったぞ、ジーサン。
二度と、ちみぃらの薬局には行かんけんのぉ、おりゃ互換性のある薬で十分なんでよ!! 

薬剤師がいる店でも、互換性のある薬の名称を知らなかった例があって、ワシはびっくりしましたわ。自分らが何を商売しているのか、客よりも情報が少ない店員ってバカタリーノでアホタリーノだろよ。二度と行かん!!  なんてーーの。

通販が必ずしも安いわけではない。100均が必ずしも安いわけではない。価格差はモノによって違うのである。
貧乏・金無しのワガハイは暇だらけなので価格差を見るのが趣味なのである。どーよ。

そういえば、貧乏暇なしって諺があった気がするが、昔の昔だろな。今は貧乏・金無し、暇だらけってのが現実ですな、わっはっは。 それはワガハイだけである・・・といいなあ。

posted by toinohni at 07:08| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください