2020年09月08日

草木雑草の名前を調べるのである

雑草図鑑とか植物図鑑とかを中古本で手に入れて。。。。 と思っていたがPCアプリがあるし、スマホアプリもある。
これだな。AI、機械学習、人工知能・・・・ そういう技術。

Google Photoは写真をupload無料であり、数は無制限である。ただし、upload写真は圧縮される。そのGoogle Photoのサイトで、「猫」で検索するとニャンコの写真がぞろぞろと出てくる。「飛行機」で検索すると飛行機の写真がずらずらと出てくるが、鷹やカラスが空を舞う写真も出て着る。
Googleの物体認識技術は素晴らしい。その素晴らしさにワガハイは貢献している。ワガハイの写真をGoogleは機械学習に理由しても良いとしているからである。ほんまでっか。ほんまらしいぞ。

というわけで、植物で画像をズラズラとだしたあとで、この写真の草木は名前はなんてーの?  という機能があるといいなあ。

と、思っていたワガハイであるが、スマホアプリに草木の名前調べるのあるじゃん。。。。と思っていたらPCアプリにもそういうのあるじゃん。。。。。

こういうの欲しいねってワイが願望を持つ・・・・ そういうの他の大多数もとっくに思っている。。。。 よっしゃー、開発するで・・・ってボランティア精神あふれる優秀なプログラマーが作ってしまう。うむうむ。素晴らしい。

ただで提供する・・・ ドッ費ーー。どっひゃーーー。なんちゅー連中だ・・・・ と思っているワガハイは馬鹿であるかもです。

まあしかし、広告が出るぐらい許すで(笑)

ワイとしては、そういうアプリであたりをつけたら、さらにGoogleで調べるのであります。図鑑を探すより早い・便利・安い・・・・・・かもしれないんだよよよんんんん。

posted by toinohni at 09:43| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください