2020年09月04日

ワガハイのラーメンおもひでボロボロ

うまいラーメンとは?  それは、美味しいんですね。おいしいんですよ。ただね、チェーン店のラーメンってたべている時は美味しいんですねぇ。だけど見せを出てから口の中にイヤーな感じが残るものがある。化学調味料濃すぎたか(笑)
個々ね。たべている時にマズイと思ったラーメンはワイは過去に一度もないのである。だが、二度と食べるかよ・・・と見せを出てから感じたラーメンはたくさんあるのである。

ここらがリピーターになれない原因だ。たべている時は美味しいの。うまいの。すばらしいの。だけど店を出てから次はもういいやって感じのが多いのである。

ワイは クルマ屋ラーメンの大辛味噌が好きだ。年に2回食べる。それで十分。あれは毎週たべたくなるものではない。夏場はやめだ。たべている最中に汗がドドッと出てくる。
だが、うまい。たべているときも美味しいし旨い。店を出てからも口のなかに何か残るという感じもない。だが、次は半年後だな・・・・と思う。
たべている時は美味しいが、店を出てたら二度と食うかってラーメンと、次は半年後にまた来るでというラーメンの違い。

そこだな。スシローでもラーメンがいくつかあるね。一度たべたが二度とたべない。マズイわけではない。だが、たべた後で、店を出てから、スシローのラーメンはもういいやと思った。
この感覚。これをラーメン職人は理解しないとプロのラーメン屋としてやっていけないのではないか・・・・って。テキトーである。

さほど旨いわけでもなく、美味しいわけでもないが毎日食べた駅の立ち食いうどん・ソバ。朝食なので通勤している時はよくたべた。あれは週に4日ぐらいはたべてもへっちゃら。
さほど、うまい、というものではない。だが、リピーターになった。そこだな。価格とか待ち時間とか要因はいろいろあるだろうけど、オレは毎日でも食えた。
これがラーメンだとそうはいかん。仮にラーメンが250円ぐらいであってもワシは毎日はたべない。あんなの毎日食えるが、バカタリーノ!!

そう思いながら「ラーメン発見伝とかのドラマ」見た。漫画では清流房のハゲちゃびんがラーメンコンサルタントであったがドラマでは鈴木京子が扮していた。ハゲではない。ハゲだったら面白いのにな・・・と思ったのにハゲではない。
そのラーメンの天敵であるオバちゃん・・・・名前忘れたよ、息子が不祥事起こした例のオバちゃんな。それがラーメンを否定する言動をたくさん言うとったが、ワシは全面的に賛同するで。

ラーメンは塩分過多、味が濃すぎる。ラーメンばかり食っていると死ぬぞ!!  昔のテレビ番組でラーメンの鬼、って佐野ってハゲかけた人がいたが死んだろ。ラーメン食いすぎて死んだのではないとしても、だな。合掌である。

つまり、何をいいたいか。実は街のラーメン屋が激減している。ワイが生息する西東京市に街のラーメン屋があるかどうか・・・チェーン店はたくさんあるのだよん。
だいたい街の中華屋も激減している。チェーン店はあるのだよん。チャーハン作りをYoutubeで見ると、プロのね、あれは年取ったらできんよ。なので60代後半になると見せを締めるってのも理解できる。70才代まで頑張る人もいるかもだが。
厨房での立ち仕事だ。肉体労働だ。シンドイだ。たぶん。

というわけで、街中にあるラーメン屋にしても中華屋にしてもチェーン店ばかりであり、塩分過多に加え、濃すぎる味付けでボクは大嫌いなのだ。
クルマ屋の大辛味噌ラーメンを年に2回食べるだけど満足である(笑)

で、そのハゲの芹沢だが・・・ いや、ドラマは女性なのだが、そこらに言及しない。味が濃すぎる、塩分過多なのだ、というあたりを工夫しないとボクのようなタイプはチェーン店のラーメン屋には行かない。薄味、中味、濃い味とかの分類は出来ないのか。塩分が2gですとか、工夫すれば客は増える気がするのだがなあ。あかんか。

幸楽苑が近所にあったのだが焼き肉ライクに代わった。中華屋はダメかい。ちゅか、なんちゅーか、なんちて。幸楽苑は中華そば300円ぐらいの時はたまに行ったむどね。年に3回ぐらい。昔。

その後、値上げしてからは行かなくなった。そしたら焼き肉ライクになった。一回、行ったけど二度といかん。甘すぎて食う気になれん。たべている時はうまいが店を出てから口の中に何か残る感じがするというレベルではなくて、食べているときから甘すぎて食えん。
肉に砂糖をぶっかけて食うようなものだ。食えるか、バカタレ。もっとマシな味付けしやがれなさいまし。

ようするに、味は人によって変わる。万人受けする味付けなどないかもなー。

というわけでボクは外食禁止なんですわ。ラーメン屋は塩分過多で味が濃すぎてダメだ。焼肉屋はタレが甘すぎて食えん。

しかし、ワガハイは見つけたのだ。一番いいのは、松屋の朝定食。ほとんど味付けしてないからな(笑) 次がジョナサンやガストのモーニング・メニュー。これもほとんど味付けがない。せいぜい、醤油だ。ヤマサの(笑) しかもスープ・コーヒーがお代わり可能だ。いいぞ。

そういうわけで、最近は酷暑のせいもあってガストでモーニング食べながら涼んでしまいますね。ボクはエアコン持ってないのですね。高齢者が今の時期に熱中症で亡くなる記事を見ると、次はワイの番かな・・・と思うますね。でも、ボクは死なない!!  しななーーーい。ボクはしにましぇーーーーんんんんん!! 

posted by toinohni at 17:14| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください