2020年09月04日

原子核物理 入門書ですかね 丸善2017

  横書きである。化学反応式など見やすいのでいいである。

そういうわけで、感動したのである。ワガハイは星屑なのである。ワガハイは星屑から出来たのである。なむぅ・・・・
そんなこというと、ワガハイは宇宙の中心である・・・のではなくて、宇宙は中心とか周辺とかの特別な場所はないという意味で考えるとビッグバンはワガハイのいる場所で起きたとも言えるし、アンドロメダあたりで起きたとも言えるし、宇宙のいたる所がビッグバン時点では同じ空間だったようだ・・・かもしれないらしいのであり、ワガハイこそが宇宙の中心なのである。違うのである。

あれ、ワガハイが星屑から出来たとすると、ちみぃらも?  ひょっとして あんたらも?   なーーんだ、ワシラは星屑だったのかあぁ・・・・ !!
   なんだよ、わしらは ゴミからできたのかよ・・・(´・ω・`)

いや、ゴミとか瓦礫とか言うと格好わるいから星屑ってロマンチックな言葉にしようぜ。

おい、そこの 星屑やろう!!    それって、おれもじゃん(´・ω・`)

すまん、原子核物理について書くの忘れてた(笑)

とりあえず一つだけ。原子核は複数の陽子と複数の中性子で構成される。原子番号が大きい領域では中性子の数が陽子の数よりも多い。陽子の数が増えると陽子間の電磁気的な反発力が大きくなるので、それを中性子の数を増やして核力を増すことでカバーするのである。定性的な説明はそうである。コマケーコター分からんのである。
その他にもいろいろと知る事があったが省略するのである。

9月になっても気温が高いのである。台風が来て気温が下がるってのが普通であるが、ただ台風9号が強烈であって九州北部で被害があって、次の台風10号もまた強烈で九州に向かっているとかいうのである。勢力が衰えて右に曲がって関東に来て涼しくしてくれたまへ・・・って思うのである。 自然はワイの思い通りの動きはしないのである。なむぅ・・・である。

だけど、星屑野郎のワシって・・・素敵!!  

posted by toinohni at 10:31| 東京 ☁| Comment(0) | 物理科学雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください