2020年09月03日

内海 って  なあぁにいぃ・・・見つけちまったな!

https://hochi.news/articles/20200902-OHT1T50306.html

練習では若手に負けないぐらい走った。球団関係者は「内海さんを見て、早く球場に来る若手も増えてきた」と効果を明かした。

「外様で来ている。チームに貢献して認めてもらえるように」。常々、口にしていた思いが実を結んだ。大逆転Vを狙う獅子軍団にとって大きなピースになるに違いない。(

-----------------------------------------------------------
   感動した!!  移籍一年目に働けなかったが腐らずによく復活した。感動だ。400勝投手の金田が言うとった。走ることだ。基本は走ることだ。そこだ。
走れ、走れ、はしれーーー!! 笑顔がとまらーーなーーい・・・・・ももクロかよ。

たいへん すばらしい 話なのでメモでし。ただ、大逆転Vを狙う獅子軍団とか・・・テキトーすぎてワロタ。せめてAクラス入りを狙うぐらいにしておけ。3位に入ればCSで引っくり返す可能性が出てくるざますよ。
たかが1勝したぐらいで喜ぶなや 内海くん。今後の登板があれば全部勝て、勝つのだ、勝たねば、勝ってぇ。
それはそれとして、最速139キロでどこまで勝てるか興味がある。左腕というメリットはあるかもしれない。日ハムの斎藤佑樹も最速はそんなものだろ。右腕だけど。
野村のジーサンが昔言うとった。投手は球速を競うものではないって・・・たぶん。ひょろひょろストレートのオリックス・星野をみろ。プロの投手は、これがプロの投手だ、というものを見せてくれい!!   もちろん剛速球は魅力だ。だが、それは限られた投手だけのものだ。
ひょろひょろストレートでも打者を打ち取れば良いのであるぞ。

よーし、最速140キロ以下の投手で勝ち星の多い投手に注目しよう。ソフトバンクの和田とかさ。。。左腕だな。やっぱ、左腕がメリットありか。
150キロ前後のストレートだと今の打者には打ちごろの球かもしれないねえ。大谷の160キロは現実に打たれていたからなあ。藤川のストレートはバットにかすりもしないし。
こうなったら、内海の次の先発が待ち遠しい。
ついでだから、ポンコツ・松坂も試合に出せよ。勝つかもしれないのだぜ。 なむぅ。

posted by toinohni at 07:23| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください