2020年08月20日

立憲・国民の合流でワガハイが期待しているものは、ズバリ グダグダ内紛だ

https://news.yahoo.co.jp/articles/1725e9821c27dc0da51218a056fba166f3f9cc1e

枝野、小沢、野田、・・・・ まとまるはずがない。舌先三寸で生きてきた政治家だ(笑)

というわけで、新党は衆院選での当選を期待するチカラのない代議士連中が集まるだけであり、選挙が終われば

いつものように幕があひいきーーーーー・・・・ってことになろう。

枝野で新野党がまとまるか。まとまろうがどうしようが、どうにもなるまい。
次は我々が政権を・・・と小沢は夏の暑さにアタマやられたのか妄想を語るが、その可能性は自民党が分裂すれば可能ではある気がする。
前回、民主党が政権を取る前に自民党は小泉長期政権後にグダグダになった。安倍晋三、福田赳夫の息子、麻生と1年ぐらいで首相交代し、さらに舛添、平岩、渡辺喜美らが自民党をオンでて新党を作ったのだった。
そういう自民党のグダグダが今も生じていれば小沢の妄想も少しは現実味が出る。

だが、今は野党のグダグダの方が目立っているのだ。これではどうにもなるまい。

そこだ。そこでワイが期待するのは立憲でまとまるかどうか、だ。まとまるにしても長続きするかどうか、だ。一年持つか持たないか、だ。

オレは野党は自民党の応援団だとみなしている。いざとなると野党は自民党が有利になるような行動をする。今回の立憲・国民の合流も結果としては自民党が有利になる、ってことで終わるとワシは予想している。だって、経験則ってものがあってな(笑) 稲 麦。

posted by toinohni at 14:47| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください