2020年08月14日

藤浪くん…

https://hochi.news/articles/20200814-OHT1T50187.html

阪神・藤浪晋太郎投手(26)が6回を8安打6失点と打ち込まれ、今季4度目の登板も白星を逃した。

-------------------------------------

   なんてだ?  例えば日ハムの斎藤佑樹が勝てないのは、そりゃ球速が130キロ台では話にならんだろうと思う。ごめんよ、斎藤佑樹くん。
だが、藤浪は球速はある。150キロ台の速球がある。だが、勝てない。なんでだ。知るかよ、バカタレ・・・ だよなあ。

投手は球速ではない、コントロールだ・・・と野村のジーさんも言うとったぞ。力任せに速球を投げて勝てる・・・という世界ではないらしいぞ、藤浪くん。

ようするに、投手としての技術がないのだよねってことだよ、藤浪くん。

阪神では藤川を再生した元・剛球投手の山口高がいた。もう球団から離れているとは思う。そこだな。素材としては藤浪は藤川に勝るとも劣らないとボクは見ている。体躯が違うし。
藤川球児を山口高が再生した。投手コーチの力量だ。藤浪を復活させるには投手コーチとして誰が適しているか、という気になった。今まで3,4年で誰も成功していないのだ、藤浪復活を実現する投手コーチ、出てこいやーーーー!!

江夏とか、江川とか、堀内とか、昔の昔の大投手でもいいぞ。山本昌とかでもいいぞ。とにかく、藤浪を再生するコーチの登場を期待する。。。って書くと、今の阪神の投手コーチが無能って感じだけど(笑) 彼らは藤浪だけの面倒を見るのが仕事ではないからサー。
  藤浪の復活なくして阪神の優勝はない、キリッ)   てへへへ。

で、問題はな、藤浪がどうであれ阪神が勝てばいいのだ。投手は他にもいる。巨人が首位独走で息切れしつつあると思うのだが、そこに二番手、三番手のチームがおそいかかる。阪神が首位、というのも可能性は高い。巨人は三軍まであって選手層が厚いと言われるが、違う。単に数が多いだけでレベルの高い選手はいない。現実だ。中央大学に負けたのだぜ、バカタレ。

藤浪を復活。。。昔の山口高が藤川球児を再生したような感覚のワガハイである。人は何かの拍子でギャップを超えるのである。その、拍子というものがな、なかなか ない。
オレなんか、一度もないぞ(笑)

posted by toinohni at 20:23| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください