2020年08月14日

わいのトランクスのゴムに関する一考察 なんちーて

ワイのトランクスは安物である。ごむが伸びてずり落ちソニになってもベルトで抑える次第である。

わしの腹回りがメタボ級なのでゴムが伸びたんとちゃう?  それは半分は正解だが、半分は間違いである。

このゴムは縫い付けられていて交換できない。裁縫・縫製の技術があればできるだろうが、僕にはできない。

Google検索10段(自称)の吾輩が検索してわかったことは、100均でゴムを買ってきて直すという手法がある、ということだ。だが、それは・・・やらん。

代わりに駅前のデパートに行って1000円で4つのトランクスがあったので買ったのである。綿100%である。100均で安いトランクスがあって一回買ったのだが綿ではなく化学繊維であった。それは吸水性がなくて下着として役にたたん。と、陳は判断した。汗を吸うほうがよいのだぜ。

今日は1000円だったが60歳以上だと10%引くという。免許証を持ち歩かないので、しまったーーーと思った次第である。900円で買えたのにぃぃ・・・ くやしーーー。

1000円で4つ・・・・2年ぐらい持てばいいや。いや、ゴムが伸びてもズボンやベルトで抑えるから俺は5年ぐらい使うぜ(笑)

posted by toinohni at 14:17| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください