2020年07月31日

大相撲 球場が いや 休場が多いですねぇ

http://www.sumo.or.jp/ResultData/absence/

横綱の鶴竜が2日めからとっとと休場。怪我で新星・琴ノ若も中日から休場、カド番脱した大関の貴景勝も無理はしないと休場、阿炎はキャバクラ行ったのバレて休場(笑)

それはともかく上のurlで休場力士を見ると幕下・三段目、序二段・序の口と休場力士が多い。何十人も休場している。
佐渡ヶ嶽部屋 6人、木瀬部屋 6人。。。八角部屋 5人。誤差±1 人な。

大部屋だと休場力士も多いわな。ってことか。途中から休場なので取り組みで怪我したのだろう。休場して数日後に出場という力士もいる。

まあここらは、もーもー牛が啼くぅ・・・・ 力士は怪我・故障とうまく付き合いつつガンバ!!
 

元・大関のテルルこと照ノ富士は怪我で序の口まで落ちたが(うろ覚え)、復活した。今場所は前頭17枚目で11-1と絶好調だ。このまま行けば優勝の可能性もある。白鵬が連敗したし。朝乃山が11-1で好調ですけど。
前頭2枚めの 阿武咲は12連敗だ。どうしたことだ。おそらくは、どこか怪我していると思うのだが休場しないという気合だね。

なんと!!  13日めの本日の金曜日は 朝乃山・照ノ富士 の取り組みがある。
https://hochi.news/articles/20200730-OHT1T50309.html
V争いのトップに並ぶ元大関で幕尻の照ノ富士が、平幕の玉鷲を寄り切って1敗を死守した。同じく1敗の新大関・朝乃山も幕内・北勝富士をすくい投げで下して11勝目。13日目は初顔合わせとなる新旧大関の直接対決が組まれた。古傷の右膝を場所中に痛めていた一人横綱・白鵬が2敗目を喫したため、勝った力士が単独首位に立つ事実上の“優勝決定戦”を迎える。

----------------------------------------------
   まあしかし、テルルは幕尻での11-1であり、対戦相手は下位力士だからなあ。ここは実力で朝乃山だろうな。なー、ななな、なーーー。とはいうものの勝負ごとは下駄を履くまでわからんちんとも言うのである。

それはともかく、幕下以下序の口まで休場力士が大勢いるなかで、いつまでも序の口の服部桜くんは連敗街道まっしぐらだが、出続けるという事はある意味すげーぞ。怪我しないのだからな。
体躯が一回り大きくならんとどうしようもないと思うのだが、今後も注目だ。いつか化ける・・・・気がする。 うらめしぃやあぁー・・・・ それはオバケじゃバカタレ

posted by toinohni at 06:41| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください