2020年07月29日

おおお、シチズンがあぁ・・・ なあぁにいぃ・・・見つけちまったな!

https://news.nifty.com/article/economy/economyall/12145-742733/

我が西東京市の大企業、シチズンが人員削減!!  どっひーーー!! 

つーかね、OpenLiveWriterのFont,sizeはMS明朝で10の次は12なんだぜ、11はどうしたよ。

つーかね、OpenLiveWriterのFont,sizeはMS明朝で10の次は12なんだぜ、11はどうしたよ。

メイリオでも10,12となって11がないだおーー。

12で書くね。ワイはシチズンのソーラーパネル内蔵アナログ時計を持っている。安いブランドのREGNOだ。もっと安いブランドのQ&Qのソーラーバネル内臓のアナログ時計を持っている。この二つはシチズンの安物ブランドでありケチな設計だ。バックライトもないのだ。カシオだとチープカシオでもバックライトはあるで、バカタレ。

というわけだが、この手の針式腕時計は需要は減る一方であり、もう事業を続けても赤字が増えるだけであり、やっとられんわい、やーーめたっと!!  という事らしい。

>>>
希望退職を募集するのは、ムーブメント(駆動装置)などを生産する「シチズン時計マニュファクチャリング」(埼玉県所沢市)。販売の不振を踏まえ生産の合理化などに取り組んできたが、中長期的にも需要の回復は見込めないと判断した。 【時事通信社】
>>>

  あら、西東京市にある事業所ではなかったのね。田無駅からほど近い場所にシチズンの本社がある。そこでは何やっているのかは朕はご存じない次第である。ただ、シチズンに異変が!!  と思ったのは5,6年ぐらい昔かな。
シチズン本社の道の反対側に広い敷地で生協とか社内食堂とか駐車場があった。その地殻に西東京市の市民会館があり、そこの学習室で麻呂が司法試験の勉強をしていた頃は(ウソな)、昼頃にシチズンの従業員らが歩道橋を渡って社員食堂らしいところに行くのを何度も見ている。
その社内食堂・駐車場等の場所がある時に更地になったのだ。そして、今は中層のマンションが建っている。シチズンが土地を売却したのであろう。カネが必要だったからだろうと想像する。シチズンが不動産事業を始めたのであれば、そこからは毎年収益を得る事ができるのだが、そうではあるまい。土地を売ってカネにして終わりだろう。

というわけでシチズンの主力商品は何か。ワイは知らないが腕時計ではあるまーに。他に何か、コンシューマーではない製品があるに違いない。
いや、ないので土地を売るしかなかったのか?   知るかよ。

とにかく業績を改善し、法人税を西東京市にたくさん納付していただきたい。今後のますますの御社のご発展を記念いたしますm(__)m 記念してどうするよ、祈念だよ、アホたれ。

posted by toinohni at 07:10| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください