2020年07月27日

Google Siteってものがあってな なあぁにいぃ・・・見つけちまったな!

5,6年前に使った。公開しなかったけど。サイトを簡単に作れる・・・というのが売りだった。それがリューアルしたらしい。で、見たが使い方がわからんしテンプレートみたいなのが気に入らんので使うのやめた・・というか、使う気にならん。
Googleはいろいろなサービスをタダで提供してくれてアリガタヤ・アリガタヤ。鹿児島市内にあるのはヤマガタヤ・・・ それが何か?
   で、実際にGoogle SiteでWeb-site作っている連中はどのぐらいいるのであろう。
容量制限はないらしいから、使い方を知っていると便利・・・・の可能性はあるとは言え、いまいち使い方がわからん。以前のはわかったのだった。

ここらは解説サイトを探して一度は真似してみて、それで良さげならば使おうかなと思う次第であるのである。
Google Bloggerがタダであり容量制限もない。写真アップロードに関しても制限はない・・・かな。サイズの制限はあるだろうな。
Google photoがタダであり写真アップロードに制限はない、ただし圧縮OKの場合。
   Google Siteがタダであり容量制限がない、うむうむ。
Google日本語入力がタダであり、うむうむ。
Google Chromeがタダであり・・・・どっひーーー。
Googleなになにがタダであり。。。。どひゃー、いったいGoogleはどこでカネを得るのであろうか。うむうむ。

で、Googleばかり使うのは危険だ。アプリ、ツール等は複数を使えるのがよい。そんなわけでワテはブラウザはFirefoxである。どーよ。 なにがよ。 しるかよ。

MSは数年前、OneDrive 30GBタダだったのによ。この太っ腹を維持せずにどうやってGoogleに勝てるのだ?  どうしてOneDrive 5GBなんてケチケチ戦略に転じたんだ。
Evernoteが昔はデバイス台数5台ぐらい同期できたのに2台に制限したので、ワシはとっととOneNoteに移ったのである。このケチケチ戦略はな、カネを払うユーザーだけで食っていけると思うからかい。そなの。・
あれ。GoogleとMicrsoftだけでは何か不安でないかい。まあ、PCはUbuntuも使うけどサー。

そだねえ。もう一つ。Macは高いから貧乏・金無しには無理ぃ。そーだ、Linuxの別の系統のもインストしようっと。UbuntuはDebian系だっけ。すると、Redhat系の入れようっと。。。。

中古ノートPCが余っているんだ。10年以上昔のだけど故障しないんだ、こいつら。中古で買ったものだけど。

駄文を終わりますm(__)m

posted by toinohni at 06:49| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください