2020年07月15日

英語出来ませんが、何か? てへてへ

TOEIC, TOEFLの問題アプリがGoogle Playにたくさんあるのでいくつかインストして試しておるず。
やるのは短文穴埋め、Error Recognitionとかいうの。リスニングはTOEIC写真問題だけ。他のは聞いてもわからんし(笑) 写真問題は聞いて分かるようになったが、スマホでCakeという映画やドラマのシーンでリスニングするというものがあって、それ聞いて まったく わからん。 あいつらが喋っているのが英語であってTOEICの写真問題は英語ではないのだな、きっと(笑)

で、だいぶ問題をこなしたし、間違うパターンもわかってきた・・・と思っていて。TOEICのアプリで問題が20問のものは8割は正答、2割は間違う。。。。 もっとも簡単な問題ばかり出すアプリもあって、そういう簡単なものはやらない。ほとんど正答がだせる問題はやっても意味はないのである。間違うからこそ学習になるのである・・・とどっかの偉い人が言うとった気がする。

ここだな。TOEIC,TOEFLとタダで問題が使えるのでアリガタヤ、鹿児島市内にあるのはヤマガタヤ。なんのこっちゃ。

ほんで、解説が欲しい次第である。どうして、これが正解なの?  どうして、これが間違いなの、理由はなんなの・・・・と検索していたらベトナム語のサイトにTOEFLの問題サイトがあったのだった。ワイにベトナム語が分かるかよ、バカタレ!!
いや、そこはGoogle様のお力だ。翻訳するとよろしい。すると、正解はこれ、と示すだけのサイトもあれば解説があるサイトもあったのである。
うーーむ。ベトナム人って英語の勉強して英語圏に出稼ぎに行こうってんかに?  

○か☓か、ではなくて。この文章でこれは間違いである・・・なぜならばあぁーー、という英語の屁理屈まで知るって事だよな。ワテは英文法などと思っていない。あれは法の体系がない。ごたまぜ言語である。文法とかきどるんじゃねー、屁理屈の集合体だ、法の体系など存在しないのだ、英国の成り立ちを考えれば大陸からの移民、移動の雑多な文化のゴタマゼ言語であろう。
と、だれか偉い人が言っていた気がするんだよぉぉぉおおおおおん。

というわけで、一種のゲームみたいな感じ。なんで、これが間違いなのか?   それを調べるゲームである。検索してベトナム語、台湾語とか出てきてもGoogle様がおる。

とりあえずワイの間違えるパターン
冠詞 the をつけるのかつけないのか・・・・知らんがな

主語・述語の関係 三単にはsをつける・・・・というのだが例外があってな

スペル たまにスペルミスの問題があった。。。アタマの中では読んでいて修正して読むので間違いを見逃してしまう。

接続詞 これは文章の意味を確認しないとね、勘で選択して間違うワタクシ

まあいろいろ中学レベルの復習から地道に進んでますよ、きっと。。。。。。。

posted by toinohni at 08:56| 東京 ☔| Comment(0) | 英語雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください