2020年07月14日

劇場でのクラスターの詳細が少しは出始めたが、初めから書けよ バカタレ

https://mainichi.jp/articles/20200714/k00/00m/040/127000c

東京・新宿3丁目、ビルの2階にあるシアターモリエールは、小劇場演劇や若手お笑いライブが好きな人なら、知らない人はいない最大約180席の小劇場。舞台と客席の一体感が感じられる貴重なスペースだ。

--------------------------------------------------------------------------

疑惑は、まさか180人席に180人の観客を入れたのではないだろな?  そこだ。そうだったら、くそたれどころか、アホタリーノ、バカタリーノ、無能を超えて犯罪レベルだぞ。

台湾のプロ野球が観客を入れてはいるものの、用意周到で観客席は隙間だらけって・・・まさか、小劇場でそういうこと無視して満席に詰め込んだのではないか、こいつら。

>>>
入場客数を大幅に抑え、感染予防対策を念入りにした上で公演を再開しようとしている劇団やライブ関係者からは、「なんてことをしてくれたんだ」という思いも伝わってくる。
>>>
   ここだ。この劇場は詰め込んだんだ、観客を。

どうして、慎重を期さないのだ・・そりゃ、カネが欲しいからだよおぉーーん。だって、カネが入らないと潰れるかもだよおぉぉぉぉーーーん。

ここらの覚悟だがなあ。
まあ、この劇場は信用なくした。後は知らん。

で、東京都は甘い。もっとチビシーー指導するなり、

>>>
つらい状況がいつまで続くのか、誰もわからない。しかも、すぐに元には戻らない。としたら、戻るまでどう生き残ればいいのか。自助努力はもう限界に達しつつある。
>>>
    自助努力をしないバカがいるから問題なんだろ。韓国でも中国でも一時期は新コロ感染拡大を抑えたと自慢していたが、今はどうだ。二波が、三波が・・・だ。
韓国では深夜の飲食店での感染が話題になったが、その飲食店でどのような対応・対策をしていたのかは不明だ。
日本でも同じで。世界でも同じで。密を避ける・・・という掛け声はあるものの、そうではない職業がある。

新コロの特効薬が開発出来るまでは、慎重に慎重に・・・なんだがなあ。バカとアホは、何も考えぬ。街中でもマスク無しを見かける事が多々ある。ジョギングしている奴らでマスク無しを見かける事もある。用心・・・という警戒心がないところが危ない。

オレは、ヒキコ森なので問題ない(笑) コンビニ、スーバーに酒買いにいくけど、レジは透明ビニールで仕切られ、レジの人はマスクしている上に、現金の受け渡しでも手が触れない。
ワシは若いレジの女の子と手が触れるのが唯一の趣味だったのに、もうできないのだ、くそーーーーーーー。

posted by toinohni at 18:14| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください