2020年07月12日

おお、松坂 まだいたぞ

https://hochi.news/articles/20200712-OHT1T50088.html

西武は、松坂大輔投手(39)が12日、今月5日に茨城県内の病院で脊椎(せきつい)内視鏡頚椎(けいつい)手術を受けたと発表した。

------------------------------------------------------------------
  あれが痛い、これが痛い、今度は頚椎手術ときた。とっとと引退してくれ球へよ。

過去の栄光で食っていけるだろ、引退しても。

ほんまに現役続けたい選手の体躯ではないだろ、この写真を見たら。

頚椎の手術を行った西武・松坂 頚椎の手術を行った西武・松坂

西武は、松坂大輔投手(39)が12日、今月5日に茨城県内の病院で脊椎(せきつい)内視鏡頚椎(けいつい)手術を受けたと発表した。

同投手は昨オフ、14年ぶりに古巣復帰。開幕ローテーション入りを果たし、同3戦目に先発予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、開幕は延期となった。3月下旬に右膝にコンディショニング目的の注射を打ち、当面の間は別メニュー調整を続けていたが、6月7日の中日との練習試合(メットライフ)に登板。1イニングを無安打無失点に抑えたが、開幕は2軍スタート。球数やイニング数を増やしながら、1軍昇格を目指していたが、右手のしびれなどを感じていたこともあり、手術を決断した。

-------------------------------------------------------------------------
   あら、報知はコピペ可能でした(笑) もっとも、この写真の日付がないので、こんなデブじゃしゃーないわな・・・とも言えぬ。今は鍛えてスリムになっているかも知れないねえ。。。
そんなことあるわけねーーーだろがよ、バカタリーノ。

ワイは西武新宿線沿線に住むのだが、ライオンズのファンではない。堤の頃から嫌いだった。西武新宿線を高架にしたら、西武ファンになってもいいぞ(笑)
昔、清原が田無に住んでいたらしいがな・・・・ ワイの近くだったか知らんけど。

西武は防御率が悪い。打線はデブの二人のスラッガーを率いる。今の所は調子がでていないが、ワイはデブは嫌いだ。昔の阪神の田淵はデブでも体躯的に嫌いなデブではなかった。昔の南海の門田はデブだったけど、デブだったが嫌いなデブではなかった。
西武のデブの二人は気に入らんデブだ。単純に言うと上半身デブだ。バカタレのアホたれだ。下半身を鍛えないでどうするってのーよ。

このデブ化は西武のデブ二人だけではない。巨人の岡本がデブ化を続けている。体躯をでかくしてパワーをつける。今のところは数字が追随しているので良し。が、いつまで続くか。デブは怪我・故障の可能性が高くなる。30までに終わるかも知れないぞ、岡本。
投手では菅野がデブ化しつつあるし、沢村はデブになちまった。
昔の江夏は腹が出ていても素晴らしい投球をした。菅野、沢村らがデブになっても素晴らしい投球をすれば良い。だきんだろ。ムラがありすぎる。

松坂のデブ化は、もはや選手の体躯ではない。とっとと引退してくれって(笑)

https://www.nikkansports.com/baseball/news/202007120000287.html

いや、ガンバるっていうとるぞ。今季中の復帰とかいうとるぞ・・・

まあしかし、今からリハビリ初めて2,3ヶ月後には別のところが、イテー と言い出すと思うんだよよよよおおぉぉぉぉーーーん。

posted by toinohni at 12:54| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください