2020年07月06日

都知事選 立候補者がこんなにいたんだ びっくり

https://www.asahi.com/senkyo/tochijisen/?iref=pc_extlink

野党がまとまらず、相変わらず大勢にメリットがある様相だった。共産党は独自候補を出さず野党結集に協力的な感じはするものの、人材がいなくカネもないというのが実情かも知れぬ。
2,3,4位の得票数を合計しても200万超ではあるものの小池のオバちゃんにはかなわない。

ただ、オレが妄想的に考えると学歴詐称、同居人のカネ問題等の週刊誌記事が今後に再燃する可能性がある。ここらの不祥事が原因で辞任するかもだぜ。
あるいは衆院選にでるぜ、とかで都知事辞任かもだぜ。参院選に出る。。。かもだぜ。国政に出る可能性もあり。

新コロは再燃してまして。一時は新コロ感染を抑圧したと自慢していた中国や韓国で第二波が生じた事などを他山の石とすべし、何だがなあ。
もっともブラジル大統領みたいに国民に注意しつつ働け、自粛ばかりすんな!!  というの言いたいかも知れないし。
スウェーデンみたいに経済回すの優先するなだもんという主張をすればいいのによ。
まあ犠牲は出る。インフルエンザで国内での死者数は毎年1万人ぐらいであることから、まだまだ新コロは風邪だ・・って。。。 都知事候補でも新コロはただの風邪だ・・とかいうヤツおったで。

というわけで、候補者が20何人もいたって。こっちはポスター出ているのだけだ、知るのは。

もっともホリエモン新党はポスター3枚あったが、ばっかじゃね?  票が分散して意味はなかろうによ、あほたれ・・・・と思ったが、都知事選は立候補することに意味がある、キリッ)


というわけで、途中で撤退したのもいたし、まあなかなか祭りとしては。。。平凡だったか。

で、新コロの感染経路をはっきりしろや・・・・ ってか、それはプライバシーに関わる問題でしてって、このまま感染拡大を許すか。

つーかね、どうしてブラジルの大統領は感染しないのだろう。プーチンも感染しないなあ。国会議員も感染しないなあ。
エゲレスの首相は感染したし、カナダの首相も感染したのだがなあ。

ブラジルの大統領はマスクもしないし、感染しない手法があるのではないか。ヤツのマネしたらいいんじゃね? 

posted by toinohni at 10:42| 東京 ☔| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください