2020年06月19日

スイッチング電源というものがあってな・・・なあぁにいぃ・・・見つけちまったな!

https://active.nikkeibp.co.jp/atcl/act/19/00008/052601103/

サンケン電気は、テレビや白物家電などに搭載するスイッチング電源(AC-DCコンバーター)に向けたデジタル制御電源モジュール「MD6752」を発売した(ニュースリリース)出力電力が200〜1kWのスイッチング電源に使える。一般にスイッチング電源は、メインのDC-DCコンバーター回路のほかに、高調波電流規制に準拠するための力率改善(PFC:Power Factor Correction)回路で構成されている。PFC回路は一種のコンバーター回路であり、通常は2コンバーター構成と呼ばれている。新製品の特徴は、この2つのコンバーターを1つのモジュールで制御できる点にある。対応する電源回路トポロジーは、ブリッジレスPFC回路とLLC電流共振コンバーター回路である。

---------------------------------------------------------------------------------

こういうのは図がないとワテにはわかりませぬ(´・ω・`)

まあ、こういうICですって。。。。

というわけだが、ブリッジレスである。それは素晴らしい。共振型である。まー素晴らしい。

だが、図がないとワテにはわかりませぬ。

ブリッジレスとLLC型が流行りであるらしい。それを一個のICで実現だ。。。とは言ってもなあ。

そのうちデータシート見てみようっと。例題回路が出てくるだろし。

やっぱ、技術者は回路図だぜ。。。。てへ。

posted by toinohni at 11:20| 東京 ☔| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください