2020年06月19日

最近のスマホの縦長は気にいらん なあぁにいぃ・・・気づいちまったな!!

拙者は貧乏・金無しなのでスマホは格安、ベンチャーとかヤマダ電機とかの、ちょ~いかがわしい安い端末を使ってきた次第である。
フリーテルのnico, Priori3 LTEと2台つかったが、創業者の増田くんは「品質こそすべて」という能書きはタレたものの、実質はクソ品質であり、ようこんなの市場にだすなあ・・・・というレベルであった。2台とも1年半でバッテリーがデブって裏ケース隙間ってしまった。カメラの焦点は合わず。。。。
その後に、ヤマダ電機オリジナル EveryPhone ACを買った次第である。これは6インチの大型画面で一番安かった次第である。そしてワンシーズンで使わなくなった・・・わっはっは。
代わりが中古のZenfone ZE551MLで、これはバッテリー持たんのでモバイルバッテリーが必要であった。
で、1年ぐらいしてEveryPhoneACを再度使ってみた。そしたら数日後に起動しなくなった。保証期間が2年間であり、まだ残り3ヶ月だ、よっしゃ、ヤマダに行くぞ。
ヤマダの店員さんは、これは修理すると2週間ぐらいはかかるので在庫が色違いであるので交換でどうでしょうか・・・ おお、交換だ。というわけで新品だ!!

で、言いたいことはそこではない。日本語入力の場合、ワシは次のようなものわ使う。
image

よろしいですか。これがEveryPhone ACとASUS ZE551MLで使い勝手は同じ感じだったのである。横幅がキーピッチにほどよいのである。

そして、EveryPhone ACを路上に落としてしまい、傷が付いたのである。アスファルト上に裏ケース、本体、バッテリーが散乱したである。画面に傷がついた。だが、機能は正常だ。使えることは使える。
予備機としてのZE551MLは、ある日、おや、と思った。横から見たら画面と本体との間に隙間ができとる。バッテリーがデブったのだ。2015年製造であり、まあ寿命といえば寿命か。

そういうわけで、次の低価格スマホを探した次第である。あったぞ。Galaxy A20が。
5.8インチ画面、防水だ。素晴らしい。中古で1万円弱で買った次第である。
そして、失敗したと気づいたのである。

何が失敗か。5.8インチだ。だが、横幅はEveryPhone ACよりかなり狭い。ACは6インチだ。そして、びっくりだが、ZE551MLは5.5インチなのだが、A20はそれよりも幅が小さいのだ。

この幅が小さい・・・・が、どのようにまずいのか?  それは上のキーボードデザインと関係する。Everyphone AC, ZE551MLでは 程よいキーピッチだったのが、A20ではピッチが小さすぎて隣をタップしてしまう。
バカタレのあほたりーの。な、だから実物を見てから買うんだよ、こういうのは(笑)

18:9の画面はな、縦長でワテは嫌い。幅があればよいが。

このキーピッチは拙者のようにデブには向かない。女性の細い指先であれば問題ないかもね。

一番 しっくりするのはEveryPhone AC 6インチだなあ。流行りが縦長になってこういうのは出ないのかねぇ。縦長になって2画面使えますとかって、ソレガシにとっては無意味なんですけど・・・・(´・ω・`)

中古でZE551MLの購入も考えたが、いまさらAndroid 6でもないだろ・・・と思った次第である。

てなわけで、スマホは実物を手にとって見てから買うべし!!   暇だから量販店に行けばよかったのだよ、ちみぃ!!

  で、Galaxy A20って中古が大量に出ているなあ(笑) 買った連中がすぐに手放すんだろなあ・・・・ ホンマでっかね?   知るかよ!!

posted by toinohni at 08:48| 東京 ☔| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください