2020年06月03日

出版社からDLしよとしたら

C/C++の雑誌で日経に手頃なものがあった(図書館に)  例題はダウンロードできると書いてあったのでトライしたがだめだった。なかったのだ。
その雑誌は2016年出版だが絶版になっていてサポートページも見つからんのでした。

ま、いいか。コードを手打ちして試すなりすれば。。。 30行ぐらいだったら試す。それ以上は放棄だ。

最近、貧乏・金無しのワイは出版社サイトからのDLに期待しておるおるおーーるず。
本はなくてもDLできる場合がある。もっともパスワードないと解凍できない場合もある。パスワードは本に書いてある。なので図書館にその本がないとどうにもならん。
だが、単純にDLできるものもある。しかし、解凍して例題を見ても解説がないのでどうもならん・・・・というわけでもない。目次は出版社サイトにあるので、対応を探すのである。
それでも例題の説明はないからどうもならん。。。。わけでもない。この例題は○○に関するものである・・・とわかれば、検索してだな、他のコードも見たりする。

それを極意560でやったのだが、シチメンドイので直ぐに辞めた(笑)
やっぱ、本があるといいやな。パパッと調べるのにいい。
紙でなくてもPDFでもいいんだけど。
しかし、PDFにしてもKINDLEにしても・・・・ 安くならないのね。ってか、本と併用しているかぎり安くはならんだろ、これホント。。。 本と・・・ホント わろーーてや

posted by toinohni at 08:02| 東京 ☁| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください