2020年05月22日

やっぱ、スマホは実物見てから買う方がいいな なあぁにいぃ・・・気づいちまったな!!

Galaxy A20を中古で買ったのだが、仕様では5.8インチとなっていたので今までのメインのヤマダ電機オリジナルEveryPhone AC 6インチと比べてさほどの違いはなかろうと思っていた。
さらに、バッテリーがデブり出したASUS Zenfone ZE551MLと比べたら5.5インチよりでかい5.8インチだしいいかも・・・と思ったのであった。

左、ZE551ML  5.5インチ。右 Galaxy A20  5.8インチ。

実は、手に持って画面を見た時はZE551MLの方が画面が広いのである。これは失敗だわ。

A20は横幅が狭い。縦は長いのだけどホームボタンなどはLCD上にある。ZE551MLはホームボタンはLCDの外だ。
結局、僕にとって視認性がいいのはZE551ML の5.5インチものだった。実物を見ないで通販で買ったのは失敗であった。
Galaxy A20は防水、スイカ読める 等の機能があるのでメインで使わざるを得ない。つーか、ZE551MLはバッテリーがデブってLCDが少し浮いているし。EveryPhone ACは画面の視認性は一番良いのだが他の性能がいまいち・・・つーか、一回アスファルトに落として画面にヒビがはいちまったのだよよょーーーんん。

そういうわけで、Galaxy A20がメインスマホになりもうしたが、朕は室内でスマホを使う事はほとんどないである。
寝転んで動画見る時はMedia Pad T2使うし。

   教訓・・・・画面の大きさ 5.8インチという数字だけで判断すな(笑)

posted by toinohni at 11:05| 東京 🌁| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください