2020年04月20日

新コロの地図での疑問 なあぁにいぃ・・・見つけちまったな!

https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-world-map/

image

イタリア、フランス、スペイン、エゲレスは致死率が10%超過だ。ここらが突出しているのはなんでだ。
致死率 = 死者数/感染者数 から考えると死者数が多く、感染者数が少ないと致死率は高くなる。だが、先進諸国であるイタリア、フランス、スペイン、エゲレスで感染者数も多く。
検査しないので感染者数が低いという状況でもない。明らかに死者数が突出しているのだ。なんでだ? 
  と、思って図をクリックして数字を見たら、オランダ、ベルギー、スエーデン、も致死率10%超過ですわ。なんでだ?
データの信頼性ですかね。感染者数は検査して分かるのだ。死者数は肺炎で亡くなれば新コロ死者数にカウントするか。
どうも、致死率の偏りが気になる。
ポルトガルは隣国のスペインほど致死率が高くはない。
ドイツは隣国のフランスほど致死率は高くはない。

どうも統計上の不正確さが出ている・・・という気がするのだが、実態はどうなのだろう。
死者のカウントが少ない・・・・可能性は?

というわけで、一喜一憂してもしょうがないのだが、西欧で突出した致死率というのはなんでだろ、と。

ただ、感染者がいる以上は今後に死者は増える可能性はあるわけであり、新規死者数が頭打ちになり減少に転ずる事を祈るだけである。

だいたい、年間にインフルで数万人だか数十万人だか死亡らしいからな。国内でも数千人は亡くなっているだろ。そのうち厚労省の統計でも探すか。

というわけで、ワシにできることは石鹸だ手を洗う。うむうむ。
そして、ヒキコ森だ。ただ、ワテは10年来のヒキコ森であり、昨今の状況は、
世界が やっと ワシに追いついた!!! (笑)

いや、それで朕のように霞を食って生きる術を会得した場合は問題ない。そうでない場合には、働かないと食えぬ。政府が一人あたり10万円を出すとか。。。それって一ヶ月もたんわい、バカタレ、一人あたり1000万円ぐらい出して2年間はヒキコ森を推奨しろ!!
   
   政府も野党も知識人も芸タレも バカばかり・・・・

だって、大衆は馬鹿である、というのが大衆の定義だからね。

と、馬鹿の一員を自覚している予が申し上げましてござる。

posted by toinohni at 19:00| 東京 ☔| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください