2020年04月20日

脊髄反射組はものを考えないって なあぁにいぃ・・・気づいちまったな!!

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12278-636449/

バカが蔓延している。それは昔から。大衆はバカである。それが大衆の定義。

脊髄反射で文句いうだけの典型で 何も考えず バカタレの鎌足!!  アホタリーノ!!

血液のがんと言われる「悪性リンパ腫」を公表して闘病中の元フジテレビでフリーの笠井信輔アナウンサー(57)が20日、自身のインスタグラムを更新。自身がアップした友人でオペラ歌手でタレントの森公美子(60)の“アベノマスク”に関する動画をアップし、批判を受ける結果となったことに謝罪した。
そのうえで「もちろん私も、このマスクを批判するつもりはありませんでした」とし、「ただ、外出自粛でストレスを溜めている皆さんにも、私が笑ったように、楽しんでもらえるかなと考えたのです」と投稿の意図を説明。「その時、このマスクを不眠不休で作ってくださった皆さんのお気持ちや、病院に専門のマスクを送るために、国民には布マスクを送ることになったと言う事情など、深く考えが及びませんでした。皆さんがマスク購入について苦労しているのは、テレビやネット、ラジオなのでよく知っていましたが、病室の中にいて、自分自身は体験していないので、皆さんのマスクに対する切実な思いをくみ取ることができていませんでした」と思慮が足りなかったことを反省した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こういうの、朝日の論説委員だか、なんだかが新コロで米国があたふたするのは爽快でさえある、というような趣旨の発言をSNSでして炎上したのと同類で、何も考えないバターンかよ。

そう言えば朝日の人は誰だっけな。

こいつ。確信犯だろな、こいつ。

朝日新聞社の編集委員である小滝ちひろさんは、13日、武漢肺炎こと新型コロナウイルスについて自身のTwitterで「あっと言う間に世界中を席巻し、戦争でもないのに超大国の大統領が恐れ慄く。新コロナウイルスは、ある意味で痛快な存在」などと書き込んだ。これが大炎上、非難の声が殺到した。

これについて朝日新聞社は、14日、不適切な投稿をしたことを謝罪した。同社は、報道姿勢と相容れない行為だったと重く受け止め、専門的な情報発信を担う「ソーシャルメディア記者」を取り消したという。また小滝さん本人も「心からおわびします。深く反省しています」などとコメントした。

posted by toinohni at 17:03| 東京 ☔| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください