2020年04月18日

VisualStudio2019Communityというものがあってな なあぁにいぃ・・・見つけちまったな!

VC++2008 Expressionだっけな タダで使えるようになったのは。2005からあったのか。ワイは2008から始めた。タダで使えると知って(笑)それまでソフトはやっとらんし、仕事でも趣味でも。
タダ、だからなあ、響きがいいなあ。
2008年頃にC/C++, C++/CLIと続けて。正しくはC言語は30年ぐらい前に趣味でいじったがロクなプログラム作れないので放棄した(笑)
で、C++/CLIという言語がスバラシイ!!  C,C++, C++/CLIが混在してもOKだ。GUIも作れるぞ。。。。と2008年頃は感動したのだが衰退した。ソフト屋に受けなかったのだろな。
その後、VisualStudioと変わり、VisualStudio2013,2015, 2017,2019と更新の度にインストールしたのである。タダのCommunityね。なんたって、朕の趣味はソフト・アプリのインストールである!!
   VisualStudioからVC++でGUIを作るテンプレートが消えたのは2013からか?  手動で作ればいいんだけどさ。Microsoftは推奨しないってことになちもうた。

そういうわけでVisualStudio2019Communityをインストールしたのである。出た頃に。去年ではなく一昨年か。あまり使わなかったけど。
で、VisualStudioでPython使うって解説が石立サイトにあって真似た。Pythonで画像処理したり、機械学習したりとかだった。それは直ぐに放棄した。一昨年か。

代わりにVScodeでPyhtonを使う。Anacondaでインストールした。。。。。というときに、VisualStudioでPython使う時にAnacondaも使えるのか、仮想環境作るのどうすんだ? と思ってさっきVisualStudio2019Communityを起動した次第である。
するともうAnacondaインストールしてあってな。去年かな、やったの。忘れてた。

最近は、あれ、オレ、今日は風呂入ったかな?  とか。 あらら、ワシは朝飯食ったっけ?  とか。

アカン。志村けんのコントで、ばーさんや、めしはまだか?  を連想した。

posted by toinohni at 10:26| 東京 ☔| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください