2020年04月08日

意外と役に立たない飲食店のWeb-Site なあぁにいぃ・・・気づいちまったな!!

新コロ対策の緊急事態宣言で飲食店も自粛を要請されているようだ。今朝、駅前のジョナサンに朝飯食いに行くぜ・・・と7時半ごろに行ったら張り紙があって8時からオープンと。通常は6時からだ。
こういうのな、ホームページに今日から開店は8時からですと注意喚起すればいいのにさ。
時間は各店舗に電話してください、とか書いてある。バカタレの鎌足じゃ。
ジョナサンのWeb-Siteで駅前探して見たんだぞ、ワシは。なにが各店舗に電話して、だ。アホタレのバカタレの鎌足!!   そこに書いとけってんだ。
これはジョナサンだけでなくフランダースの、違う、フランチャイズの飲食店はだいたいこういうものだろと想像する。
つまり、自分のWeb-Siteを早急に更新する能力が皆無なのだ。それはそうだろう、そういうの外注に丸投げなんだろからなあ。
ただ、こういう場合にWeb-Siteに掲示板を設置して置けばいいがなやとは思う。その掲示板は単なるお知らせに利用する。書き込む事ができるのは関係者だけだ。
そこで、なになに店は開店は10時からに変更、とか出ていれば十分だ。

そういう機能無しだと、ご案内とか追加でWebを更新しようとする。すると外注にカネを払う必要があるからだろなあ。

この自社のWeb –Siteを外注に任せると後に更新する場合に費用をどうするかって初めの契約ではどうしているんだろか。

例えば、モーニングスターという会社のWebがこういうふうになっている。
https://www.morningstar.co.jp/index.html?type=pc
トップページはhttps://だ。SSL化している。ところが、トップページの上の右側のポートフォリオ(ログイン)をクリックすると、こうなる。
http://www.morningstar.co.jp/portal/Login.do
  おわかりか、http://に変わった。ログイン画面でSSL化が外れているのである。そんなバカな!! とワイは去年思ったのだが、未だにそれを維持している。ログインしようとユーザIDの欄をクリックするとブラウザFirefoxは この接続は安全ではありません と表示を出す。
この会社の人が気づいていないはずがない。ユーザーがログインしようとする際にはブラウザが警告を出すのだ。にもかかわらず、放置されている。
想像だが外注にカネ出したくないのだろ。ログイン画面でSSL化が外れる、ってふざけてんじゃねーよ、バカたり!!  ってワロタけど。
というわけで朕はこの会社 あまり信用しないね、金融情報は他のところから得よう(笑)

ん?  ちょっとわかったことがある。
ブラウザのurl欄に        www.morningstar.co.jp/portal/Login.do
と表示されているのだが、それに手動で、https://をアタマにかく。
つまり、
https://www.morningstar.co.jp/portal/Login.do
   これだとSSL化されたログイン画面に飛ぶ。ユーザーIDに書く際にブラウザから警告はでない。

まあワイはあまりアクセスしないし、いいや。

で、上の飲食店の場合だが、予は別の対策があるにはあると知った。食べログに口コミ投稿するってのはどうだ。会員登録しないといかんようだが。麻呂はやじゃ!!  じゃ別の対策は?

うむ。対策する必要がないというコロンブスのたまご、目からうろこ、的なアイデアをついにワテは思いついた次第である!!   うむ。対策する必要はない!!  素晴らしい!!  
行かなきゃいいのである(笑) 自粛要請もあるのだし、外食するなや(笑)

posted by toinohni at 08:49| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください