2020年04月06日

いたなあ 岡田有希子

https://www.msn.com/ja-jp/entertainment/celebrity/%e5%b2%a1%e7%94%b0%e6%9c%89%e5%b8%8c%e5%ad%90%e3%81%95%e3%82%93%e6%b2%a1%e5%be%8c34%e5%b9%b4%e3%80%82%e2%80%9c%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%ab%e3%81%af%e7%94%9f%e8%ba%ab%e3%81%ae%e4%ba%ba%e9%96%93%e2%80%9d%e3%81%a0%e3%81%a8%e7%a4%ba%e3%81%97%e3%81%9f%e7%89%b9%e5%88%a5%e3%81%aa%e5%ad%98%e5%9c%a8/ar-BB12b3YL

岡田有希子が人気出た頃、会社で同期の岡田太郎(仮名)と山田有希子(仮名)が結婚して、おや、岡田有希子だぜ!!  と囃し立てたの思い出した。
その後に、例の事件があり、オレラは。。。。あらら、あらま、あれまぁ・・・とショックを受けたのであった。
18歳で命を断って34年。生きていれば52歳。厚かましい普通のオバチャンの頃だなあ。

で、上のurlには写真が出ているが、見ない方がいい。神経が細い人とか感受性が強い人は見ない方がいい。そういう人が見ると とんでもないことになる ・・・・・
花粉症でもないのに涙が止まらない。何が悲しいのかも自分ではわからないが、涙が止まらない。
アイドルとして群を抜いてかわいいわけでもない、とりたてて美人というわけでもない。だが、魅力は圧倒的だ。
これは例えて言うとプロ野球の投手になぞらえる事ができよう。160キロ以上の剛速球があるわけでもない、七色の変化球を操るわけでもない。だが三振をバッタバッタと取り、年間二桁勝利が当たり前という投手。投手として試合に勝つ・・・そこに信頼がある。
つーわけで、何かありがたいことを書こうとしたが、ネタ切れだ(笑)

言いたいことは、岡田有希子 亡き後34年が過ぎた。そして、今でも忘れていないファンがたくさんいるって事だ。そこに岡田有希子の魅力を感じるのである・・・・・

あれ、オレ 岡田奈々ってのも すげーいいと思っていたけどなあ。
最近は、岡田結実ってのもいいなあ・・・・・
岡田って魅力的な女性ばかりなのかね。。。。。

  いや、待て待て。吉本新喜劇で 岡田直子 ってのがいるぞ。

まあ、いいんじゃないですか!

posted by toinohni at 13:28| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください