2020年03月16日

マスコミはこういうところに弱いというか 圧力に弱いというか 忖度するというか なあぁにいぃ・・・気づいちまったな!!

https://news.nifty.com/article/domestic/government/12280-597415/

酔っ払いがタクシー運転手に絡んで手を上げる。繁華街では珍しくない光景だが、こと今回はそれでは片付くまい。何しろ被疑者は国家公安委員長の「秘書」であり、父親も政財界でつとに知られた大立者という。ところがこの一件、なぜか新聞・テレビでは報じられず――。

-----------------------------------------------------------------
   何故か 新聞テレビでは報じられず。。。。

その新聞の一つの日刊スポーツも週刊新潮の記事の流用である。

政府に忖度して。。・・というのは違う。白川氏が怖いのだ。だから 政府のせいにしようとする。臆病者という意味ではマスコミは知られている。叩くのは弱いもの相手だけな(笑)

マスコミだけでなく、野党でも自公のダメ代議士を糾弾するのに遠慮することはない。だが、どこかで何かトーンダウンすることがある。やっぱ、こわい存在があるんだろよ。と想像する。

政府批判するのは怖いものではない。怖いのはそこではないと分かっているたからだ。政府批判して政権から粛清されるって国ではない。問題はそこではない。
怖いのはべつにある。だからマスコミも野党も及び腰だ。

マスコミも野党も仕返しのあり得ない弱い者に対しては強引に突っ込む。強い者には・・・だまる。怖いのは政府ではないのだ。

南米か!!

posted by toinohni at 17:47| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください