2020年03月04日

巨人の若手に注目株がいる、なあぁにいぃ・・・見つけちまったな!

https://hochi.news/articles/20200304-OHT1T50027.html

巨人の育成2年目右腕・沼田が故郷・北海道で快投を披露した。7回に3番手で登板し、1イニングを11球でピシャリ。モタに続く支配下登録へ猛アピールした。新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が発令されている北海道で行われた一戦は、日本ハムに0―3で敗れ、オープン戦4連敗となった。
----------------------------------------------------------------------
   オープン戦は優勝を争うものではないので4連敗はどうでもいい。関心は選手の調整具合、若手のアピールである。テキトー

記事の沼田投手に興味があるのはプロの投手の体躯としては小さいところだ。
>>>
生まれとサイズ 2000年6月24日、北海道旭川市。19歳。175センチ、65キロ。右投右打
>>>

   この身長だと剛速球投手ではないだろう。桑田がそのぐらいだったが桑田は体重はもっとあったと思う。
だが、投手はピッチングマシーンではない、球速を競う競技でもない。そこだぜ。昔の杉内のように、杉内は左腕だが、杉内のヒョロヒョロストレートで通用したし三振をバッタバッタと取った。
そういえばアフリカのバッタ被害はどうなったんだろう。それは別途。

つまり、体躯がプロとしては並み以下の沼田投手が花開く可能性を感ずるのである。
山口が去り、エース・菅野だけが期待できる現状では他の若手投手の大チャンスでありんかである。テキトー

posted by toinohni at 13:17| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください