2020年02月01日

元素生成って・・・・なあにぃ!! せいせいしちまったな

ビッグバン直後は水素、ヘリウム。後は星が物質を作る。ただし鉄までだ。星は重力を利用した核融合炉であり同時に物質の製造工場である。ピッカーー!!   って話は入門書に書いてある。
では鉄よりも重い元素はどこで作られるのか。超新星爆発の際に作られる・・・という話がある。だが鉄は原子番号26, なので原子番号27から100ぐらいまでの元素が超新星爆発で生成されるとは考えにくい。
では、中性子が何十も固まり、その半分ぐらいが陽子に変われば・・どーよ。ベータ崩壊だで。。。。。。などと想像したがワケワカメ。

https://www.riken.jp/press/2014/20140717_2/
金やウランなどの重い元素は中性子星の合体で作られた可能性が高い

なんですとーーー!!   中性子星は超新星爆発で誕生するのであった。うむうむ。ただ、可能性が高いと書いてあるので仮説である。

重元素の期限は未だ解明されておらずってか・・・・研究が進んでいるようでして
https://www.zaikei.co.jp/article/20190227/497067.html

この重元素の起源として注目されるのが、中性子星の合体である。

というわけで鉄より重い元素の生成・。・・。。。 金を製造する技術を開発して大儲けしようではないか・・・・・(笑)

posted by toinohni at 06:09| 東京 ☀| Comment(0) | 物理科学雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください