2019年12月31日

昔のプロ野球の話だが

西武は勝っても勝っても人気が出なかった。常勝・西部ライオンズは広岡・森が築いた。だが、人気が出なかった。
広岡や森は巨人の黄金期の選手である。川上監督の下で9連覇をした時代の選手である。勝てばよい、というよりは勝つことが優先される。
西武は広岡・森の下で常勝・西武という時代を築いた。だが、人気はでなかった。
巨人で常勝・巨人を達成すれば名将の中の名将という賞賛を得たであろう。

広岡や森は、まずは勝つ、それが前提だ。観客動員数を増やす、人気を挙げる・・・というのは監督の仕事ではない。確かに巨人ではそうだったろう。勝てば人気は上がる。
西武ではそうではない。勝っても人気は出ない。負けると人気どころではない。話題にもならない。
そこらだなあ。
勝たない事には始まらない・・・・監督してはそうだ。

しかし、プロ野球は所詮は見世物である。見たいという観客がいて成り立つ。広岡も森も観客が満員の球場で試合をしてきた。勝てば人気は上がる。勝てば人気は維持できる。

しかし、西武はそうではなかった。勝っても勝っても人気はでず。そこらだな。
監督は勝つだけではなく人気も挙げて観客動員数も挙げて・・・と高望みされる。そこらだな。

中日の落合が優勝したにも関わらず監督を首になったのは観客動員数が増えなかったからと聞く。ただ、中日は次の監督を高木のじーさんにした。観客動員数が増える理由は何もない。ようするに、中日は落合を首にしたかっただけだ、と今は確信している。中日は球団経営などやめろと思っている。かといってドラゴンズを買う企業はない。どうしようもない。

10年ぐらい前の話になるか。

そして巨人の凋落が現実だ。FAでも巨人に移籍したくない(笑) 日本シリーズではソフトバンクに4縦食らった。弱いのがばれとる。
だいたいデブの阿部が目立つ時点でどうしようもない。デブはとっとと引退しろと数年前から思っていたのだが。

巨人はどこまで凋落するか。セリーグを制覇したにも関わらずワタクシは凋落を感じている。これはなんだろうな。

posted by toinohni at 17:43| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください