2019年12月27日

太陽光発電はワケワカメ

制度が改定されるというか、なんというか。行政の動向に注目しないといかんのだなと思う次第である。
https://blog.eco-megane.jp/%e5%a4%aa%e9%99%bd%e5%85%89%e7%99%ba%e9%9b%bb%e3%81%ae%e5%87%ba%e5%8a%9b%e5%88%b6%e5%be%a1%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81/

出力制御には3つルールがある。ふむふむ。それっていつから適用されるん?
平成27年(2015年)4月1日以降 とか書いてあるからそこらだなあ。
じゃあ2010年ごろに始めた連中は旧ルールだけ適用されるど。いや、かならずしもそうでもないなあ。
電力会社によって違うところがある。10kW未満と10kW~50kW未満では違いがある場合もある。
これは面倒な(笑)
だが、2010年ごろに始めた連中は出力制御対象にならんの多いではないか。
容量別・地域別のルール適用内容

で、遠隔監視システムって義務化はいつからよ。

---
出力制御が実際に行われる際には、電力会社から出力制御スケジュールを取得し、パワーコンディショナー(以下PCS)の出力を調整する機器=「出力制御対応機器」が必要となります。
2015年4月1日以降に電力会社に接続申込が受領された案件のうち、地域・設備容量によっては、今後出力制御に対応可能な機器の設置が義務づけられました。

---
   遠隔監視システムって言うとるの、ワテだけか?  費用はこれだけって・・・高いんだぉ

仮に50kWの設備ですと1.7万円×50kW=85万円となり、これが目安となるのではないでしょうか。

これって中古市場では関係ない話だな。するってーと固定買取り価格が高めの20年間コースの場合にはメリットがあるってことか。うーむ。そなの?
なんだか、中古市場が賑わう理由が増えてきた気がする次第であるぉ。

だから、あるぉって なんなのだ?   おまいはバカボンのパパか!!  ちがうぉ。

今日は、いつから適用か、という年月日に注目すべしであると思った次第であります。

他にも規模がでかい場合には保安監督のために主任技術者を選任とかいう場合の専任しないでもいい規模がどーたらとか条件がどーたらとか、法改正があったらしいので調べようっと。

posted by toinohni at 10:16| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください