2019年12月04日

ソーラーパネルってねのがあるんですよー、なあにぃー? やちまったな

卒FITという言葉を知って今更ながら太陽光発電に興味が出た。羽田から飛行機に乗って鹿児島とか那覇とかに行く際に外界を見ると太陽光発電パネルをたくさん見かける。巨大な扇風機も見かける。風力発電に太陽光発電。流行っているようだ。

ではソーラーパネルそのものはどういうものなのか、価格的にいくらするものなのか。そういうときは価格コムですね(笑)

https://kakaku.com/search_results/%91%BE%97z%8C%F5%94%AD%93d+%83%5C%81%5B%83%89%81%5B%83p%83l%83%8B/

【単結晶300W】ジンコソーラー 太陽光発電パネル JKM300M-60-J ソーラーパネル

製品仕様
・セルタイプ:単結晶 156mm×156mm(6インチ)
・セルの配列:60(6×10)
・最大出力:300W
・最大出力動作電圧(Vmp):32.6V
・最大出力動作電流(Imp):9.21A
・開放電圧(Voc):40.1V
・短絡電流(Isc):9.72A
・モジュール変換効率:18.33%
・サイズ:H1650mm×W992mm×D35mm
・重量:19.0kg

うーーーむ。価格 : 13,800円(税別)

これで300Wならば10枚で3000Wですので3kWhの発電容量になる。138000円じゃん。ソーラーパネルそのものは3kWhの場合で15万円ぐらいか。それだけでは太陽光発電システムにはならないので固定するための枠とか、直流を交流に変換する装置・・・コンディショナーって言うのか?  その他の周辺機器とか必要で。さらには業者が工事するから設置費用も必要で、総合すると100万円前後? 

いや~~、パネルそのものは15万から30万円として、周辺機器、枠、工事費用とかで100万円超えるってか? 
そうかもな。

近所の民家の屋根のソーラーパネルの枚数を数えてみるか。

で、パネルの寿命は保証が20年間か。故障するまで使うとして30年間ぐらい持つのかね。もっともコンディショナーの保証期間は10年とか15年だろうから、その後に故障したら交換だろなあ。15年もしたらソーラーパネルの性能も改善するだろうし価格も下がるだろうから全部交換かな。
それだと元とれん。いつまでも続くぜ、ローンが(笑)

いまだに補助金だよりのビジネスかいな。俺んとこの市は補助金出すんかいな。調べてみるか。

posted by toinohni at 06:14| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください