2019年12月02日

太陽光発電ビジネス バカがバカを騙す構図

バカがバカを騙す構図の典型は保険商品や投資信託等の金融商品の場合。売る側がバカで理解していない商品を買う側もバカで何の知識もなくて売りつけられる。
売る側もバカ、買う側もバカ。

このようにバカばかりだからこそ資本主義は成り立ち、我々の経済社会は維持されるのである。考えても見ろ、世の中からバカが消えたらモノが一気に売れなくなるぞ。みんながみんな、ワタクシみたいに賢かったら経済社会は成り立たぬ。(笑)

というわけで最近は太陽光発電は卒FITという言葉が表すように一つのターニングポイントに達したようである。
簡単に言うと2009年度にFIT(Feed In Tariff)を始めた人は10年の満期が来て買取り価格48円が終わる。終わった。次からは10円弱での買取りになる。

そこで10年前に売る側、業者だけでなく管轄は経済産業省だっけな、そいつらが何をどのように宣伝していたか、を探す。
1つ目。
https://taiyoseikatsu.com/news/200909/tn200909-01.html

簡単に言うと、48円の買取りであれば10年で13万円ぐらいの利益が出る、という。つまり、元は取れる、と言う。行政からの補助金もあったろうし。
ということは、現時点で10年で満了終了の連中は元が取れた可能性が高い、としよう。
すると、来年からは儲かる一方である。。。うはうは、である。。。というのはホンマでっかね。
ちなみに上のサイトの運営者は今はどうなっているか知らんもんね、わし

2つ目
経済産業省の子分の資源エネルギー庁が注意喚起してますね。
https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/solar-2019after/pdf/A4leaf.pdf

image
これは1kWhあたり48円の買取りが終了という事ね。では、次はいくらで買取りか? ワテはしっているのでいいが、情弱のバカどもは騙されるだろ。
もう蓄電池を買わないと損だとかさ(笑) バカがバカを騙す構図に注意しようね。
image

売る側もバカで、・・・買う側もバカで・・・資本主義経済は維持されるのである。うむ。

注意喚起は続くのである
http://www.jpea.gr.jp/pdf/t181128.pdf

ただ、オレオレ詐欺にしても他の詐欺にしてもだが、騙されるバカは大量にいる。事実だ。だってアホだもん、バカだもん。自分で調べる、自分で興味を持ってなんとかしようとする姿勢がないのだもん、そういうの善良な市民というんだって。無知 = 善良な市民だってさ。テキトー。

だが、昨今はこういうバカを啓蒙しようとする連中は増えた。注意喚起ということをWebで知らせるだけではなく、地域の小さな自治レベルでも啓蒙は必要だ。
でもね、バカはそういうところに参加しないし、隣近所の人から情報共有しようって姿勢もないし、バカはバカでもいいのだけど、そういうバカがカネを持っていると狙われるのは当然。だって、バカだからカネを騙し取るって簡単なんでしょなー。

つまり、貧乏・金無しのワタクシは詐欺師も相手にしないって(笑)
くそー、貯蓄が3億円ぐらいあったらなーー、わしも騙されたいなー

さてと、業務スーパーで豆腐26円の買いに行くか。

posted by toinohni at 13:04| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください