2019年11月29日

情弱は騙され続けてこそ、価値があるのだひでき なんちて

騙され続けて この道 数十年 ワテの右に出る者はおまへん、キリッ)   
              このフレーズ すきやねん

さてと、卒FITという言葉がたまに目につく。太陽光発電のFIT -- Feed In Tariffという制度は10年満期だ。2009年にFIT加入したおっさんは今頃は満期である。つまり、買取価格はちょー下がる。2009年は1kWh = 42円での買取価格が毎年下がり2019年は24円だっけな。そして、FITの10年満了で次は10円前後になるってさー。

でも太陽光発電を2009年に始めたおっさんは次はどうしたらいいのか。そのまま10円前後で売電するのが最良なのか。持っていても無駄な金食い虫じゃーと捨て去るのが正解か。
そこに情弱を騙すビジネスが台東しそうな感じだがね。

とりあえず関連メーカーは「卒FIT」をどのようにビジネスに結びつけようとしているのか、探す。

https://www.nichicon.co.jp/products/g3/lp/?gclid=CjwKCAiA_f3uBRAmEiwAzPuaM2HEa7PiM17JvtlLcvfBVSb5cHtOFppHvpxumyquEEG5PLJuo-BoMBoCytAQAvD_BwE

ニチコン。大手のコンデンサのメーカーである。コンデンサって何? って人にはわからないが電子機器には必須の部品である。


家庭用蓄電システムのトップメーカー「ニチコン」の超小型・軽量モデル4.1kWh 単機能蓄電システムESS–U3S1(屋外設置タイプ) 本体希望小売価格998,000円(税別) 標準工事費154,000円(税別) 標準付属品107,000円(税別)※工事費に関しては、現地調査後にオプション工事費用が発生する場合があります。※最終見積りは、現地調査後に確定します。

これ、単純に言うと、昼間の太陽光で満充電したとすれば夜間の8時間は500Wの電子機器が使える。
昼間は家にいない。その間に太陽光発電でこれに蓄電する、そして夜間はその蓄電された電力を使う。よって電力会社からの電力供給は非常に少なくなる。
つまり、電力会社に支払う電気料金は基本料金だけになる…可能性もある。

で、問題は約100万円だ。500Wの電子機器を夜間に8時間使うというのがメリットあるのか。そもそも夜間は電気料金は安くなる・・・だったかな。
そういう話だけではない。
年間の電気料金が10万円の人は100万円というと10年分だぞ。

こんなの導入するより電気代を支払うほうが支出としては減るわいよ、バカ竹(笑)

で、ニチコンはこれをどうしたいのよ。そりゃ売りたいのよ。すでに太陽光発電を導入している家庭にね。
だって、そもそも金持ちの道楽であり趣味のレベルだもの、家庭用の太陽光発電ってさ。元がとれるわけないじゃん、バカ垂れ。

金持ちの道楽、趣味としての太陽光発電なので、つぎはこういうの売りつけたれって魂胆なんだろな、

バカがバカをだます構図のような気がする。

災害等の非常時にはね、小型のガソリンエンジンの発電機が実力を発揮するのよん。

posted by toinohni at 16:55| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください