2019年11月28日

サイト記事でTensorFlowのオベンキョーを続けるワタクシである

http://ishidate.my.coocan.jp/vpy_15/vpy_15.htm

プログラムは画像なのでコピペで簡単に試す事はできず、しょうがないので写経するワタクシである。書き写すのである。
で、画像処理の簡単なのを紹介している。もともとTensorFlowの活用はそこではない。・・・という気はするが、まー動かしてみればTensorFLowというツールがどういうものなのか、分かってくるのではないか。
ここらの解説とか実習とかを飛ばして便利なツールでどーたらこーたらというのはワタクシのような低レベルのIQ88の頭脳ではチビシー。
ただ、ワタクシの感じ方ではTensorFlowを使いやすくするツールとは例えばMaximaに対するwxMaximaの関係である。さらにはg++に対するVScodeの対応である。あるいはR言語に対するR Studioの対応である。ベースがあって、それを使いやすくする。ツールは便利な方がいいもんね。

というわけで、ワケワカメだが写経して動かしてみた。サイトではVisual Studio Communityを使っているがワタクシはVScodeである。Visual Studio Communityはデバッグがどうしても必要なときには使うが短いプログラムを試すにはVScodeが簡単なのである。

で、画像処理の例。画像処理で8近傍での演算等は技術的に言うとコンボリューションという事になる。信号処理の分野では畳み込みという捜査だ。
そのコンボリューションを使う例であって、必ずしもTensorFlowの特徴というわけではないが、こういう事も出来る、という例だ。
ぼかし(平均化)と先鋭化を試した。詳細は略する。
image

image

学習の過程では320×240の小さい画像である。

ただ、こういうことも出来るという例であって先鋭化、平均化等はOpenCVでも出来るし他のツールでも狩野舞子である、叶姉妹であれ、狩野英孝である、可能である。うむ。

首記のサイトの著者は元・大学教授であって理工系である。理工系の連中には著者が扱う内容に馴染み深いものが多いので学習用として最良であると考える次第であるである。
2008年ごろにはC++/CLIてのOpenCVの利用で解説記事があったである。ワタクシも10年ぐらいのサイト付き合いなのである。一向にワタクシのレベルは上がらぬ(´・ω・`)

posted by toinohni at 16:14| 東京 ☔| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください