2019年11月23日

やっぱ写経だよな

プログラムの例題を出版社サイトからDLしてVScodeでクリック、クリッくで動作見る。あー、動いた、終わり。
これだとアタマに染み込むものがない。
それはWeb-Siteにある例題も同じく。クリック、クリックで動作みて、あー動いたそ゜、なんだか勉強した気分になったんだぉ
インターネットってちょ~便利だお
たくさん例題を動かして勉強するんだぉ

だお、だぉ、だおーーーん。

そういうわけなので次のサイトの運営者がコードを画像にしているのは妥当である。
http://ishidate.my.coocan.jp/python/python.htm

VC++, Pythonの解説サイトである。著者は元大学教授である。教育する側としてコピペでクリックだと学習にならないとわかっているのだろう。

てなわけで写経するワタクシ。ただ、写経と言ってもね、VScodeの入力補完機能とコピペ機能を活用するとスイスイと書ける。このスイスイと書いてコピペでドン!! ってのもアタマに染み込まずって感じ。
ようするに書き写して動作確認するのがちょ~うまくなったワタクシって事だ。

オツムの老化防止対策としてやっとる。貧乏・金無しなので趣味にカネかける事ができないのである。PCとインターネットがあればプログラムいじって暇つぶしが出来るのであるである。
キーボード叩く、プログラムいじる、ソフトを試す、ね。カネかからない素晴らしい趣味である。しかも、認知症対策、オツムの老化防止に効果があるとかないとか、テキトー。

でね、そのサイトにTensorFlowの解説もあるので、とりあえず全部の動作をみる。写経がうまくなる、コピペがうまくなる、そして、その次にここらの理解が進む・・はず。

クリック、クリック、あ、動いたぞ!!   よっしゃ 終わりだ!!  という事では何も進展はありませぬという経験則であります。(´・ω・`)

posted by toinohni at 10:32| 東京 ☔| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください