2019年11月06日

素粒子

加速器・衝突実験機などで。高エネルギーの陽子を資料にぶつけて。何がしかの粒子が出てくる。何種類も。。。。という場合に、その粒子は資料の原子核に潜んでいたものなのか、あるいは衝突の際のショックで生み出されたものなのか?
宇宙線が大気上空で空気分子に衝突して壊す・・・その際に粒子がいくつか出てくる・・・ような事を入門書に書いてあった。宇宙線はほとんどが高速の陽子であり高エネルギーである。
分子を壊す・・・・ということは分子の原子核を壊すという事か。だとすると、原子核って陽子と中性子で構成されていると思っているのだが、他の粒子が出てくるということは陽子、中性子意外の粒子も潜んでいるってことなのか。
ワケワカメ。

これは実験装置で発見された数々の粒子にしても同様に。加速器で陽子を加速して高エネルギー状態にして資料にぶつけて壊す。すると粒子がいろいろ出てくる。それらは資料に潜んでいたものなのか、衝突の際のショックで生み出されたものなのか。
衝突の前後でエネルギーは保存されるというから、衝突前と衝突後で粒子の数は違うのだけどエネルギーは同じなんだな・・・ふーーん。そうなの。

で、新粒子は新たに生み出されたものなのか、潜んでいたものが衝突のショックで出てきたのか。うむうむ。考えたら眠れなくなるから考えないようにしよう。

生み出されたにしては寿命がちょ~短いのな。なんで長生きせーへんの?  ワケワカメ。

40年代から50年代、60年代と実験装置によって発見された新粒子は何百にも及ぶのだった。それらはハドロン、レプトンと分類され。ハドロンはバリオンとメソンに分類され・・・・
それらを説明するためには一つ階層を降りてだね、くゃークなるものを考えるとツジツマがあうとか。
そういう話の前に、発見された粒子は潜んでいたものなのか、衝突のショックで出てきただけのものなのか。そもそも寿命がそんなに短いのはなんでやねん。
考えたらダメだ。眠れなくなる(笑)

posted by toinohni at 21:05| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください