2019年11月02日

gnuplotというものがありまして・・・・いまさらかよーーーちゃん

  C言語でFFTのお勉強をした際に結果のグラフ化をどうしようかなと。計算結果はファイルに落としExcelで開いてグラフだす。データ数が128当たりまではそれでもよかった。
だが、1024超過するとね、gnuplotですね。
初めは計算結果のtext fileを手動でgnuplotに食わせていたが、C言語からgnuplot起動してデータファイルを食わせればいい。
探したらあったのでやった。この手法は数年前にgFortranでもやったですわ。
まーしかし、なんと便利な。

Pythonの場合にはmatplotlibを使う。c/c++の場合にはgnuplotを使う。それでいいや。
まーどうせ大した計算はしないけどよー・・・(´・ω・`)

えー、Cで動いたのでC++でも動きます、多分。

C/C++, Python これでいいやワテは。Java, EXCEL VBAも使える環境ではあるが使わないんだもん。何をするか・・・・そこがネタ無しなのよさ。

posted by toinohni at 13:17| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください